FC2ブログ
HOME

日々感じている高血圧、更年期、自律神経失調症等の体調の変化についてまとめています

第1855回 新型肺炎が猛威?対策はいつもの方法

 中国の新型肺炎は中国全土だけでなく、世界中にも拡散。連日発表される数値が上昇。今日の時点で私がニュースで確認した数値は、中国国内での総感染者数は1287名。

 亡くなられた方は41名。重症者は237名ということで、全世界を考えると1300名以上という数値が出ています。またここにきて、致死率はSERSやMERSに比べて高くないものの(3%前後?)、感染力が高いという記述も見られ始めました。

 1月当初は人から人への感染は見つかっていないという強気のニュースもありましたが、今はもう人から人への感染が存在するという事が共通認識になったようです。

 さらに現地では隔離するためのベッド数が足らず、なおかつ診断を確定するための検査キットも不足しているという事らしいので、要するに症状があっても、新型肺炎と認められていない人も多そう。

 また通常の肺炎のような高熱を出すことはなく、咳やくしゃみの軽い症状で収まる人もいるようです。とはいえ、ご本人が収まっても、咳やくしゃみによる飛沫感染はありそう。

 という事は、本人は元気だし旅行に行けると判断して、出かけた先で感染を意図せず広げてしまうという現象も起きそう。

 ということで、中国当局は、ここにきて事態の進行が予想外という事を認識したのか、武漢の交通機関を閉鎖という荒療治に乗り出しました。

 しかしその処置がとられる前に運よく?抜けだした人がすでに世界各国に散らばっています。この病気の潜伏期間は3日から12日なんて言う記述もありましたので、この潜伏期間中に旅行に出かけていれば、旅行先で発症という事もあり得ます。

 私自身旅行が好きなので、封鎖処置がとられる前に脱出できれば安心だなという気もしますが、自分が感染していて脱出先で感染を広げてしまう可能性を考えると、旅行に行くのは自粛するだろうなという気もします。

 しかし現実は甘くないようで、脱出出来てラッキーなんて考える人が、ブログやインスタグラムにその情報を嬉しそうに公開しているのを見ると、「こりゃ世界中に感染が広がるな」という予想をせざるを得ません。

 さてどうなるのか?今後の推移を見守るしかないのですが、人から人への感染が飛沫感染であると分かってくれば、観光地や買い物で人ごみの中に行かないというのが第一条件。

 次がマスク着用。ただし防御の意味ではあまり効果がないというコメントもネットでは見受けられます。しかし感染源が飛沫なら、PM2.5用の目の細かいマスクなら効果はありそう。

 また手洗いは有効。手先でいろいろなものに触るのは日常的にやむを得ない行動ですが、その際にウイルスが付着する可能性があるということで、その意味では鉄道を利用しても迂闊につり革等は触れないなという気もします。

 さらにうがい。本来なら鼻のうがいもするといいのかもしれませんが、私はできません。あとは前回も書きましたが、自身の免疫力向上のために体力をつけることでしょうか。

 しかしちょっとした風邪でも薬で治すと考えている人が多い現代社会で、マスク着用、うがいや手洗いの励行というのは、何とも古めかしい対策だなという気もします。
  

第1854回 中国の新型肺炎対策、出来ることは限られている?

  中国武漢で発生した新型肺炎は、当初はあっという間に鎮静化するのではと期待していたのですが、ここ数日で拡散する一方だと思えるニュースが増えています。

 私が最初にこの病気に関するニュースに接したのは、確か昨年の12/8あたり。患者さんは1名で謎の肺炎というような見出しだったかも。

 しかし中国当局は感染拡大を甘く見たのか、初動が遅かったようで、年が明けてからはじわじわと感染が拡大。1/18になって患者数が40名を越して亡くなった方が2名という記事が出現。

 日本にいる私から見ると、まだまだ他国の出来事で、早く収まってくれればいいなと思っていたのですが、翌日の1/19になると感染者数が60名越え。

 「こりゃなんかまずいかも」という雰囲気がじわじわと浸透。しかも同時期に日本やタイあたりでも感染している人がいたことが確認され、拡大する一方だという印象。

 しかもニュースに寄れば、中国では1/24から春節が始まり、多くの人たちが田舎に帰ったり、海外旅行に出かけるようで、俄かに空港での対策が論じられるようになりました。
 
 しかし日本で確認された患者さんは、日本到着時に解熱剤を服用していたため、空港の体温感知システムには引っ掛からなかったという事で、だとすれば今現在もそういった状況で空港をすり抜けている人がいるかも。

 だとすればこの先は、各人一人一人が対策を講じるしかないのかも、と思っていたのですが、1/20になると患者数は198名と激増。亡くなられた方も3名に増加。

 さらに海外の機関の研究によれば、実際には2000人近い患者さんがいるのではという予測も発表されたりして、中国当局の発表そのものも過小評価なのではという不安が募ります。

 そして昨日は患者数が218名、亡くなられた方が6名と発表され、今日になると320名。さらに米国や台湾でも感染者が発見されたという発表。

 こうなってくると、この冬場はかなり深刻な問題になりそう。今のところ重症化するのは高齢者や持病のある人だけのようですが、ウイルスはその遺伝子情報が簡単に変化し、今後重症化することもあるなと考えるとかなり心配。

 私自身は小さいころから喘息に苦しめられ、そのせいか気管支が弱く、ちょっとした風邪でも長引くことがあり、予防の意味をこめて、今年もインフルエンザの予防接種は実施済み。

 しかし新型だとその効果は発揮できなさそう。だとするとできることは?と考えると、まあ通常のインフルエンザ対策しか思いつきません。

 3月にはタイ旅行を予定していたのですが、この騒ぎが落ち着くまでは空港には近づけないなと考え、予約作業はまったくしていません。

 現状のニュースを読むと、感染するような場所に行かないというのが最大の対策だと思いますが、それ以外に出来ることは、うがい、手洗いを励行し、免疫力をつけるために良質の食事と睡眠が必須だなと思っています。
 

第1853回 寒くなって血圧が上昇気味です

 寒くなってきたせいか、このところちょっと血圧が上昇気味。ただ血圧が上がって感じる、頭痛、めまい、のぼせ感、顔が赤らむ、後頭部のこわばりといった自覚症状はナシ。

 あえて言えばちょっと肩こりが強くなった感じ。今現在の血圧は135/90ぐらいで、高血圧との境界値。降圧剤を服用しての値ですから、まあしょうがないかなと思っています。

 しかし一応朝30分のストレッチ、昼間暖かいときは5000~8000歩前後のウォーキング、野菜摂取、水分補充には気を使っています。

 一方数日前実家の母親の様子を見に行くと、突然めまいに襲われたと言いだしてびっくり。行ったときは「収まった」と言っていましたので一過性?

 しかし一過性とはいえ、一時期ふわふわしてしょうがなかったと言っていましたので、収まったとはいえちょっと心配。原因をいろいろ考えて、軽い脳梗塞が脳のどこかに生じたのではと疑っています。

 だけど血圧はいつも通りでそれほど高くない(たぶん150/70程度。高齢者特有の動脈硬化症状が若干あると思っています)と言います。

 とはいえ、ちょっと血液の流れが悪くなって、その後また回復というのは結構ありそう。そう思ったので、寒くなってきたから、一時期やっていた体操をしていないのでは?と問い詰めるとやはりやっていない様子。

 また秋口は比較的体調が良かったので安心したのか、いつの間にか水分補給が少なくなっているのではと聞いてみると、やはり水はあまり飲んでいない様子。

 代わりに砂糖をたっぷり入れたコーヒーを飲んでいると言いますから、利尿作用と糖分で血液の粘性が高くなっているとも考えられ、水やお茶を飲んだ方がいいよとアドバイス。

 高齢になって、どうしても何か体調の変化を感じてから、慌てふためいて対策を練るという事が増えているような気もします。幸いなことに認知症等の症状はないので助かっていますが、隠れ脳梗塞のような症状が進行すると認知症への移行もありそうでかなり心配。

 先日のヤフーニュースでは日本人の病気に関する心配が高いという記事が出ていましたが、高齢化故やむを得ないし、何より高齢者が体調を心配していることにつけこむようなテレビコマーシャルや週刊誌の記事が多すぎるという事も問題だろうなという気がしています。

 四六時中、「あなたは不健康だ」という趣旨のテレビコマーシャルが垂れ流しになっている現状は、テレビを見る機会が多い高齢者に悪影響が多いなという気がしています。
 
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
552位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
113位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。