FC2ブログ
HOME   »  ★健康管理
Category | ★健康管理

第1856回 新型コロナウイルス感染者数が予想以上に増加

  中国で発生した新型コロナウイルスの患者数は連日増え続けています。病気の特徴として、高齢者、高血圧等の持病持ちという点が指摘されているので、両方に該当する私は不安でしょうがない。

 住んでいるのは埼玉県で、成田空港や羽田空港からも離れているので、いつもは空港までの移動に不便を感じていますが、今回は逆に良かったなという印象もあります。

 しかし来日した中国人観光客は、症状が出ない場合もあるようで、体内にウイルスを持ちながらあちこち移動しているという事例も聞こえてきますので、迂闊に都内に行けないし、行くときも電車内でつり革等に触れないなと感じています。

 そういった影響かどうかは不明ですが、買い物でスーパーに行くと、いつもよりマスク姿の人が多くなっているような気もします。

 幸いに店内でマスクもせずに咳き込んでいる人は見ていませんが、通常の風邪やインフルエンザも流行しているはずなので、手洗い、うがいは欠かせないなと思っています。

 というわけで、今後の感染状況を考えるヒントになればと思い、私が管理している別のブログ(父子家庭で早期退職をしたおじさんのお気楽生活日記)の記事で、昨日の段階で今日は場合によっては感染者が4000人に達するのではという予測記事を書きました。

 記事の内容は、要するに中国当局が発表する感染者数や死亡者数の数値を表計算ソフトに入力して、それをグラフ化して予測するという、誰でもできる単純なものです。

 ただその入力過程で分かったことですが、感染者数はだいたい前日の1.5倍程度になっていて、死亡者の死亡率は2.5~3%程度になっているという結果でした。

 そこで昨日発表された感染者数2744名を1.5倍して、今日は下手をすると感染者数が3500~4000名になるかもと書きました。

 もしこの数値が3500名を切るようなら感染は収束に向かい、4000名を越すようならさらに拡大が続くという予想をすることになるのですが、先ほどの発表ではなんと4428名(昨日の1.6倍)になったという事で、愕然としています。

 つまり中国当局がちょっとほのめかしていた感染率が高まっているという事なのかも。だとすると明日は7000人に達する可能性もありそう。

 もし6000人以下だったら終息の兆候が見えたという事であり、7000人を越したら、さらに拡大が続くという事です。

 というわけで、今日の午後は自宅での待機時間が長くなることを予想して、少し早めにマスクやトイレットペーパーの購入と、保存食量を買っておこうかなと思っています。

第1841回 特定検診結果を受け取ってきました

  先日受診した特定検診の結果を昨日もらってきました。診療所では結果をもとに簡単な診察というかアドバイスがありましたが、基本的には問題なし。

 というか、私自身地元の診療所で定期的に診察を受けているので、あまり参考になる話はありませんでした。結果を見て問題だなと感じるのは血圧。

 受診時はなんと170/96もありましたが、降圧剤を服用して地元の診療所に通っているという話をするとそれ以上の追及はナシ。医師にとってはこの程度の高さは日常茶飯事なのかもしれないなと感じました。

 ちなみに今の血圧は130/85ぐらい。寒くなってきたので少しずつ上がってきたなと感じています。

 一方身長は昨年と変わっていないのに体重が1kg減少。人によっては「うれしい」と感じるのかもしれませんが、もともとやせ形でBMIも18.9ですから、あまり減るのは考え物だなと思っています。

 実際ここのところ腹囲も減少気味で、脂肪や筋肉量が減っているのではという懸念もちょっと感じます。筋肉量が減っているので鼠径部ヘルニアが出現し、手術を必要としたのではという疑いも持っています。

 血中脂質検査は概ね良好ですが、高脂血症治療薬のシンバスタチンを服用しています。そのせいかどうか、ここ数年LDLコレステロールの値が基準値の139をちょっと超えた150~180だったのですが、今年は109でした。

 そもそもこれを飲み始めたのは頸動脈に狭窄があるという事がMRIや超音波検査で分かったからで、要するにこれ以上狭窄が進まないようにという事だと思います。
 
 ただコレステロール数値が大きいという事による身体的な不調を感じたことはないので、時々何のために飲んでいるのだろうかという疑念が生じていることも事実です。

 とはいえ、今回は正常値に収まったのですから文句は言えません。肝機能については、3年半前のクモ膜下出血で手術をしてから断酒を断行した結果、近年この数値が基準値を超えたことはありません。

 逆に言えば、毎晩の飲酒やつまみの摂取が肝機能を損なっていたということになります。

 心配だった心電図ですが、昨年も指摘があり、さらに事前に心雑音があると指摘されたり、時々脈が飛ぶ等の異常を感じていたので、たぶん要精密検査だろうと覚悟していたのですが、意外なことに正常範囲という判定でした。

 唯一「これは問題だ」と感じたのが尿酸値。基準は7以下だそうで、いつもは7前後をウロウロ。しかし今回はなんと7.9でびっくり。明日にも痛風を発症しそう。

 20年ぐらい前に一度経験して痛い目に遭っています。今回は暑い夏から涼しくなって、飲む水の量が減ったのかなと思っていますが、医師によれば、果物中の果糖の取り過ぎも良くないとのことでした。

 果物は体に良いとばかり思っていたのでちょっとびっくり。ネットで調べてみると、確かに果糖と尿酸値には関係がありそう。要するに何でもかんでも食べすぎは良くないということかもしれません。

第1840回 気象病の原因は減圧によって神経系への圧迫が起きること?

  気象病は気圧や湿度には直接関係なさそうだと思えるようになったのですが、だとしたら原因は何だ?と考えてしまいます。そこでネットで「気象病 原因」を使って調べてみると、以下のような記述が見つかりました。

・ 気圧の変化で内耳が影響を受ける

・ 気圧の変化で自律神経が活性化または乱れる

・ 気圧、気温、湿度の急激な変化に人体が対応しきれない

・ 体内にヒスタミンまたはヒスタミン様物質が動員され、体内の水分が貯留することによって・・・(日本大百科全書の解説)

・ 気象の変化がストレスとなり、下垂体前葉、副腎皮質系が作動するため(日本大百科全書の解説)

・ 気温、湿度、気流、気圧、放射線、イオン。大気中の各種エーロゾル物質と生体との関連(世界大百科事典)

 一方私は耳が聞こえにくくなる等の異常しか感じない航空機離陸時の減圧ですが、jこれについてJALのページで興味深い記述を発見。要約すると

・ 高空で水平飛行中の機内の気圧は0.8気圧ぐらい。つまり810hpaで、今回の台風の気圧よりかなり低い。

・ 気圧が低下すると体内のガスが膨張し、患部や内臓を圧迫。

・ 呼吸困難や中耳炎を起こすこともある。

・ 気圧の低下に伴い機内の酸素の圧力も地上の80%程度に低下。呼吸器、心臓、脳血管が影響を受ける

 これを読むとちょっと飛行機に乗るのも怖くなりますが、この内容に気圧に関する気象病の原因が隠されているのかも。早い話しが、体内のガスが膨張という部分に注目。

 飛行機の場合はこれが15~30分間に起きることになりますが、台風の場合は数時間かけて起こるという違いがありそう。という事は飛行機では、耳が聞こえにくくなる程度の異常しか感じない私は、気圧が時間をかけてゆっくり下がるという状態が体に悪影響を及ぼすという事になりそう。

 つまり体内のガスがゆっくり膨張し、それが周囲の組織特に神経系統に影響を与えると、その神経が調整している内臓の働きに影響が出るという事です。

 要するに肺をコントロールしている神経が影響を受ければ息苦しくなり、心臓の拍動をコントロールしている自律神経系に影響が出れば動悸を感じるという事になりそう。

 もちろん個人的な考えですし、だからこうした方が良いというアドバイスも出来ませんが、原因の一つと考えても良さそうな気がしてきました。

検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
94位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
11位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。