第1499回 オプジーボの副作用で亡くなる方がいたという記事を読んで

 またまた肺がん患者さんに、オプジーボと他の肺がん治療薬を同時に使用して、副作用が出て3人が亡くなったというニュースが出ています。

 詳しい経緯は書かれていないので詳細は不明ですが、患者さんもしくは医療側、更にはその両者が、早く治すためにより強い治療方法を選んだのかなと思っています。

 しかし患者さんはその副作用のことまで調べたり知識として持っている例は少ないと思われるので、実際にそういった治療を行うかどうかの判断は医療側に委ねられることが多いように思います。

 だからこそ医療側は、特に腫瘍等の治療の場合チームを組んで治療方法を検討するというようなことが大学病院で行われているわけです。

 にもかかわらずこういった副作用で亡くなる方がいるという事は、治療がチームで行われていないか、治療側に十分な知識がないままに治療を行っているという証拠になりそうな気がします。

 つまり先端医療としてどんどん新しい薬が開発され現場に降りてきているわけですが、そういった薬に対する十分な知識がない医師が存在するという事です。

 原因は不勉強なのか、忙しすぎて勉強する暇がないのか、という事なのかもしれませんが、もしかしたら少子高齢化でベテランの医師が引退し、その時の引継ぎというか医療のあるべき姿がひきつがれていないのではという不安も感じます。

 なぜそんなことを思うかと言えば、私が所属していた教育という世界でも、団塊の世代やそれに続く私のような世代が定年となったことにより、学校の中でまとめ役と言われる、いわゆる主任という立場を引き受ける人が減った、若しくは若い人がその立場に立たざるを得ないという状況が生まれてきたからです。

 本来なら授業展開や生徒指導、進路指導について必死に勉強しなければいけない時期に、主任になって責任ある立場になってしまうと、管理職との関係や教育委員会への報告書類がやたら増え、何かと忙しくなります。

 一部の進学校には教育委員会も多少配慮して、かなり成績優秀で使える?教員が配置されますが、そうでない指導困難校に限って、次々とあまり教育経験のない若い先生が配置されるという現象が見えます。

 それと同じことが医療現場で起きているのかもと想像すると、かなり不安です。一時期「医療崩壊」という言葉が囁かれました。すでに「介護崩壊」(私の造語です)は始まっているような気もします。

 医療はどうなのか?何か事があると、多数の人が正義感?に駆られて、ツイッター等に不満や怒り、揶揄、嘲笑を書きまくるという社会的現象も随所にみられ、恐ろしくて治療ができない、と感じる医師もいるかもしれません。

 医療側の不勉強があったとしたら大問題ですが、どうしてそんなことが起きるのかという原因を知りたいです。

 さらに言えば、最近は一部の週刊誌が医療不信や薬剤不審を煽り立てるような記事を書いています。私自身若干の医療不信があるので、そういった記事には関心がありますが、内容をそのまま鵜呑みにするのではなく、自分の知識と照らし合わせて判断しないといけないと思っています。
 
 つまりこれからは患者側も自分の医療について勉強しないといけない時代になったという事なのかもしれません。

 

 

Pagetop

第1494回 薬さえ飲めば病気は治るのか?

 昨日記事を書いた後、さらにネットで国民健康保険税の負担について調べていたのですが、ともかく不満は大きいですね。というかやはり基準となる所得が300万以下だと、収入に対する負担が大きすぎるような気がします。

 それでいて上限があるというのも実に不思議です。一人の人が経験する医療に差がないという考えで、特定の人に負担が増すのは良くないという考え方なのかもしれませんが、それなら所得税だって同じだなと感じます。

 とはいうものの、年収の大きい人は所得税の割合が大きくなっていますから、それで相殺されるという事なのかもしれません。

 しかし経済が発展していく限り、収入の格差は広がる一方で、特に下限は収入ゼロでそれ以下にはならないはずですが、上限は何億、何十億という人もいるようですから、このあたりの制度的な問題も気になります。

 まあしかしこのブログは経済ブログではないので、話はこのぐらいにして、ネットで拾った健康関連のニュースから面白そうなものをいくつか。

 先ずは常に気にしている高血圧ですが、原因はストレスや食事、睡眠不足等が考えられます。しかし、これ以外に大気汚染が関係するという面白いニュースがありました。

 ただし大気中のどの物質と関係するのかということまでは分かっていないようですし、ニュースそのものも短いものなので、信憑性はいまいち。

 そこであらためて「大気汚染 高血圧」という語句でネット内を検索すると、かなりたくさんのページがこういった危険を指摘しています。

 とはいうものの、理論的にこういう作用機序で血圧が上がると書かれたものはほとんどありません。なんかこれまた単に不安を煽っているような記述が多いです。

 ただ私自身が考えるに、光化学スモッグと呼ばれる窒素酸化物や硫黄酸化物、さらに黄砂やPM2.5等の濃度が高くなれば、その毒素を排出しようとする働きが体内で起き、血圧を上げて血流を活発にする必要があるのではと考えることは出来ます。

 しかしではどの程度上がるのか、どの程度の汚染だと上がるのか、汚染空気中に滞在する時間がどのくらいだと影響が表れるのかというような、細かいデータはなさそうです。

 以前このブログでも取り上げたような記憶があるのですが、花粉の季節は血圧が上がりやすいような気もします。これも花粉の成分と体の免疫系が反応するためかなと思っています。

 要するに、私がこれまで何回も経験しているように、ある日突然血圧が上がるなんてことが結構あるのですが、その原因はストレスや運動不足、睡眠不足、塩分量、寒さといった定番の理由から、加齢によるもの、季節的なもの、大気汚染や花粉、遺伝、何らかの内臓の病気によるもの、神経性のものまで多種多様の要素があるという事です。

 でどうするか?という事になった時、医者に行くと「血圧が高いです。降圧剤を処方しますから飲んでください」との一言で治療が終了。これで高血圧患者の出来上がりで、基本的には、その後一生降圧剤を飲み続けることになります。

 ちょっとばかり医療不信の気持ちが入っているので、ついこういう書き方になってしまうのですが、ふつう何か問題を解決するときは、それが起きた原因を考え、そこから対処法を考えます。

 しかし現状の医療現場は、忙しいせいもあるのかもしれませんが、風邪ならこの薬、腹痛はこれ、鼻炎ならこのカプセル、喘息はこの吸入器、血圧は降圧剤等々、病気すなわち薬という発想しかないような気がします。

 それが患者の立場に立った医療と言えるのか?やはり不満を感じますし、医療は金儲けの道具だと批判されてしまう理由の一つであるような気もします。




 

Pagetop


検索フォーム

全記事表示リンク

フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
45位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。