第1472回 鼠蹊部ヘルニア手術後二か月が経過

  鼠蹊部ヘルニアの手術をしてほぼ二か月が経過。生まれて初めての手術経験だったので、ともかく手術前は不安ばかり。手術そのものは全く痛みがなく、一番痛かったのが点滴の針を刺したとき。

 しかし術後麻酔が切れた時の痛みは強烈で、なるほどこれが切った時の痛みかと納得。同時にもう二度とごめんだという気持ちになりましたが、この先どうなるかは不明です。

 一方術後の一週間で痛みはどんどん引いていったことに驚きましたが、その後は画期的に痛みがなくなったというより、ちょっとした違和感を感じる時間が減ったという印象を持っています。

 そんな中、手術後一か月ちょっとでハワイに行き、ワイキキやアラモアナ近辺を歩き回りましたが、特に問題はなく帰国。帰国後も、時には手術をしたこと自体を忘れている時間が長くなり、まあ順調な回復だなと思っています。

 ただ風呂に入るときは手術痕がちょっと気になります。横に7cm?ぐらいの切った筋が見えていて、その周辺が少し膨らんで固くなっています。

 この固くなった部分は、時間とともにその体積が減っているような気がしますが、その減り具合はわずかです。手術後一か月ぐらいまでは、この周辺を押すとちょっと痛かったのですが、最近はそれほど痛みを感じなくなりました。

 しかし現状から推測すると、この塊みたいなものが完全に消えるまではかなり長い時間が必要になりそうです。もしかしたら消えないのかもしれません。

 まあ痛みはほとんどないので、日常生活で不便は全く感じていませんが、入浴時に気になることは確かです。ちなみに手術後は自転車は良くないと主治医に言われています。

 いつもは暖かくなったこの時期は、自転車でスーパー巡りをするのですが、今年はすべて車で、ちょっと不経済かつ運動不足です。

 この点については、医者によっても変わるようですが、三か月を過ぎたら私も自転車に乗ってみようと思っています。なお自転車がなぜよくないのかは分からないみたいです。

 逆に手術後早期に自転車を使って再発してしまったという方もいるみたいです。 


 

Pagetop

第1468回 ワイキキに到着し、カフェでこれを書いています

 鼠蹊部ヘルニアの手術をして、一時は旅行をキャンセルせざるを得ないかなと思っていたのですが、術後の経過も順調で、これなら何とか旅行が楽しめそうだと判断。

 昨日午後に自宅を出発し、夜行便でハワイ入り。今は日本時間早朝の4時半ですが、ハワイは時差が5時間あるので9時半です。

 ちょっと早くワイキキに着きすぎたので、宿泊予定のコンドミニアム近くのカフェでコーヒーを飲みながらこれを書いています。

 旅行に際して心配だったのは、あちこち動き回ったり、重たいスーツケースを持ち上げたりすることによって、折角癒着した患部の組織とメッシュがはがれてしまい、また痛い思いをするのではないかと言う不安でしたが、今のところ問題なさそうです。

 今回のスーツケースの重量は、空港で計ったら13.8kgでした。このぐらいなら、それほど負担にならないようです。

 飛行機内では、窮屈な姿勢が続くので、これもまた患部によくないだろうと思い、エコノミー席でしたが、チェックインカウンターで隣がいない席をリクエスト。

 飛行機はチャイナエアラインで、利用する機会が多いので、いつの間にかゴールドメンバーと言うことになっていて、優先チェックインやラウンジ利用、優先搭乗等、いろいろ便宜をはかってもらっています。

 そういった背景があるので、多少わがままを言ってもいいかなと思っていました。理由を聞かれたら手術をしたので、と答えるつもりでしたが、航空会社側ですでに2席を確保していくれていたようで助かりました。

 これで鼠蹊部に負担をかけることなく、2席を使って足を延ばして仮眠をとることができました。

 ただ今回、なぜか様々なことがスムースに運びすぎて、当初の予定では10時半ごろワイキキに到着するはずだったのが、なんと8時50分に着いてしまい、あまりに早すぎて部屋に入れないだろう思い、宿泊先近くのカフェでコーヒーを飲みながらこれを書いています。

 書きながら、体調もチェックしているのですが、手術跡は問題なし。日本にいるとき感じていた花粉による鼻水や息苦しさからも解放され、呼吸も楽になり快調です。

 あとはまだ寝不足気味なので、部屋で昼寝ができれば完ぺきでしょうか。幸先の良い出だしです。


 

 

Pagetop


検索フォーム

全記事表示リンク

フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
652位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
175位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。