第1745回 私の浣腸体験

  母親の大腿部亀裂骨折ですが、病院側としては早く治すためには手術が必要ということだったようです。しかし現状で在宅酸素療法をやっている以上無理は出来ないと判断され、結局ベッド上で亀裂が自然に修復されるのを待つということになりました。

 しかし大腿部の骨折と言うのは面倒ですね。基本的にベッド上から全く動けません。今も骨折部位の修復を待ちながら、足全体に血行不良が起きないように機械で足で伸ばしたりしているようで、こうなると今度は床ずれの問題も出てきます。

 一方本人にとって当面の悩みの種は排泄物の始末ですね。結局小の方は尿道にカテーテルが挿入され垂れ流し。大の方はおしめをつけられ、そこに出すということになっているようです。

 しかしこれは辛そう。尿意はともかく、便意を感じたとしてもベッド上でそのまま出せるのかと我が身のクモ膜下出血当時の入院生活を振り返っても難しいだろうなと感じます。

 とはいうものの便秘になれば当然やがて腹が張り、不快な思いをするでしょうから、場合によっては看護師さんに浣腸をしてもらうということにもなるのだと思います。

 しかし赤の他人に尻を見せて浣腸をしてもらうという行為は、やはり辛そう。実は私もクモ膜下出血で手術入院をしたとき、どうしても大が出なくて苦しくなり、看護師さんに頼み込んで浣腸をしてもらったことがあります。

 とはいえ60になったおっさんでも、うら若い看護師さんに尻を突き出すという行為はかなり恥ずかしい。背に腹は代えられないということが分かっていても、出来れば避けたいですね。

 実際の浣腸は2名の看護師さんで行われました。「薬を入れるとすぐに便意が生じると思うので、しばらく我慢して素早くトイレに移動して下さい」と最初に言われました。

 続いてへそのあたりにカーテンの仕切りが作られ、浣腸そのものの行為は患者側から見えないように行なわれます。パンツを下げて尻を丸出しにして横向きに寝ます。

 「ではやります」といわれ、じっとしていると肛門のあたりに器具が入れられ薬剤が挿入されることは分かりました。その後看護師さんが指で肛門を抑え、「我慢できますか」と質問。

 出来そうだったので「大丈夫です」と答えてそのままトイレへ。その間に看護師さん2名はあっという間に器具を片付けてしまい退室。

 私は便器に座り、「よしこれなら出るぞ」と便意を待っていたのですが、意外なことになかなか便意を感じません。「なんだ、思ったより効かないんだ」と思いましたが、まあそれだけ腸の動きが弱っていたのではと思えます。

 結局20分ほど頑張ったのですが、何も反応がなく、その後もちょっと便意を感じるたびにトイレに駆け込んだのですが、ほとんど反応なし。

 「こりゃまいったな。次はどうなるんだろう?」と思いつつ就寝。ところが深夜になって突然便意を感じ、大急ぎでトイレへ。すると、まあ結果は予想通りでおなかが一気にすっきり。

 しかしその後も断続的に便意があり、何回かトイレへ。チョッと睡眠不足になりました。翌日もリハビリを行っているさなかに便意を感じてトイレに飛び込むということがあり、改めて浣腸の効果は大きいんだなと感じました。
 


 

Pagetop

第1731回 動脈硬化の根本原因はやはりコレステロール?

  台風通過に伴って、その後ろ側にくっついていた雨雲の影響で今日は1日雨みたいですね。ただ気温は低くなり、パンパンに乾いていた市民農園の畑にも潤いがもたらされるなと思っています。

 さて赤血球の柔軟性の話を続けます。赤血球は血液内に膨大な数が含まれています。それらが体内をくまなく流れ、組織の末端では、自分の大きさよりも狭い毛細血管内を、自分の体を折り曲げて通過するということが分かってきました。

 そこで次に知りたいのは、そういった柔軟性を獲得している赤血球そのものの構造です。これについては手持ちの高校生物の資料集にも記載がないのでネットで調べてみました。

 先ずはウィキペディアのページを見ていますが、そもそも赤血球が誕生する過程を見ると、もともとは造血幹細胞が分裂して作られるわけですから、最初は細胞内に通常の細胞内組織である核やミトコンドリアといった組織が含まれているはずですが、これらは成熟の過程ですべて失ってしまうようです。

 では赤血球内部には何が残っているのかということですが、どうやらそのほとんどは水と酸素運搬用のヘモグロビンでしめられているようです。

 もちろんそれ以外の物質もわずかに含まれているとウィキペディアにも書かれていますが、柔軟性という観点から考えるとそういった物質の影響はなさそうです。

 つまりヘモグロビンが溶け込んだ水溶液を内部に持つ水風船というイメージでしょうか。そう考えると赤血球の柔軟性が失われる場合というのは、赤血球の内部の問題ではなく、外部の問題であるような気がします。

 そう思って色々ネットを検索すると、過去に私自身が書いたブログ記事がヒットしたりして、そういえばこんなことを過去にもまとめていたんだなとちょっとびっくり。

 というわけで、自分で書いたものを改めて読んでみると、どうやら赤血球の柔軟性というか変形を妨げるものは、細胞膜の外側にコレステロールや中性脂肪が付着して起きるということのようです。

 つまり血液内にコレステロールや中性脂肪が赤血球の柔軟性を妨げているということで、良く言われるドロドロ血液の弊害ということにつながるような気がします。

 さらに言えば、こういったコレステロールや中性脂肪が細胞膜に付着しやすいということに注目すれば、当然血管の内壁も細胞膜で出来ているわけですから、ここにも付着し、血栓等が出来る可能性も考えられます。

 またコレステロールや中性脂肪が細胞膜に付着するということに注目すれば、赤血球そのものが血管内壁の細胞膜にくっついたり、赤血球同士がくっついたりする可能性もあります。

 個々の赤血球に柔軟性があっても、多数の赤血球が塊となってしまえば、ますます毛細血管は通りにくくなるしガス交換もしにくくなるので、これが動脈久効果の根本原因かと思えます。



 

Pagetop


検索フォーム

全記事表示リンク

フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
213位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
45位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。