FC2ブログ
HOME   »  新型コロナウイルス
Category | 新型コロナウイルス

第1919回 新型コロナで体調不良を感じたら

  遂に緊急事態宣言が出されました。昨晩は15分ほど安倍総理の会見を聞いていましたが、必死に話しているなという感じはしましたが、内容が分かりにくい。

 テレビのワイドショーで見られるようなパネルを使って要点をまとめて説明すればいいのにと思いましたが、準備の時間がなかったのかも。

 ただどこが要点だか分からない話をじっと聞いているのはかなり苦痛。15分ほど聞いていましたが、途中で断念。しかしチャンネルを切り替えても、地上波放送はすべて同じ内容でした。
 
 というわけで、「明日になれば新聞でうまくまとめてくれるさ」と思って視聴を断念。今日の朝刊を一応くまなく読みましたが、要するに自粛要請と経済対策の二つが柱みたい。
 
 自粛要請は少しトーンが変わったものの、あくまで要請であって、不要不急の外出をしても罰則はなさそう。経済対策については、年金暮らしの私は、仕事がなくなるとか収入が減るという事はなさそうで、あまり影響がなさそう。

 という事は、これまで通り外出を控えめにして、買い物に出かけたら帰宅時に手洗い、うがいを徹底し、天気の良い日は家の窓を開けて換気に努めるしかなさそう。
 
 ただ、毎日コロナコロナと騒がれているので、気分が滅入ります。というわけで、今日もこの後まずは市民農園に行って新じゃがの育ち具合を確認。さらに周辺を散歩かなと思っています。
 
 さて、今日の日本の感染者数は厚労省の発表によれば、昨日の3906名から351名増えて4257名となっています。増加率は前日の1.09倍で、この倍率が続くと明日は4640名ぐらい?

 こういう数字を見ていると、心理的なプレッシャーがさらに大きくなります。たぶん私の心理もじわじわとプレッシャーを受け続けていると思われます。

 そういった心配が重なり、体調不良を感じている人も増加。公的機関への心理的な相談件数も増えているようです。その結果、「なんか体調が悪いな」という「不定愁訴」という症状が現れがち。
 
 私も含めて、こういった症状を感じたら、ともかく気分転換が一番。次がちょっとマスコミをシャットダウンして、自分の楽しみを最優先。

 もし電話等で話せる相手がいたら、これは心強い。心の中のもやもやを外に出すとかなり解消します。あとは健康維持の一般的条件、おいしい食事、適度な運動、十分な睡眠が一番かも。

 さらに言えば、DVDを借りて映画の視聴、落ち着いた音楽を聴くというのも良さそう。とはいえ、それがなかなかできないから体調不良を感じるのも事実。

 ただネットを見ると、そういった症状を感じたときの対処法についてい解説しているページも多くありますので、元気づけられるかも。

第1918回 自分が他人に感染させる場合もある?

  今日の埼玉県は風もなく、穏やかな晴天です。安倍総理は、今日の夕方、緊急事態宣言をだすつもりのようですね。ここのところの感染者の急増を見れば当然かなという気もしますが、それに反対している方もいたようです。

 こんなに急増しているのに反対しているのはどんな理由なんだろう?と疑問を感じてしまうのですが、たぶん経済の失速を心配しているのではと想像しています。

 また緊急事態宣言を出したとしてその効果はどのくらいあるのか?という事を心配している人もいるはず。実際宣言が出たとしても、その内容は他国のような厳しさはなく、あくまで要請に留まるようです。

 ある意味、「今自粛しないと今後大変なことになりますよ」という、警告の意味が強く込められているのかもしれません。

 ただ何回も書いていますが、今の現状は2週間前の感染状況を表していますから、明日から国民全員が自粛をするというような状況になっても、その効果が表れるのは4/20以降。

 その間の14日間は、これまでのたまった付けが一気に押し寄せるわけで、ニューヨークの例を見ていると、医療崩壊という言葉が身近に感じられます。

 とはいえ、感染拡大を少しでも防ぐためには一人でも多くの人が、感染に関する知識と意識を高めて行動するしかない。

 とはいっても人が1000人もいれば、そういった要請にも「俺は関係ない」と言って相変わらず繁華街をうろつく人がいてもおかしくない。

 これはどんな社会でも一定数犯罪者がいるのと同じだなと感じますが、それでも宣言によってそう考える人が少しでも減ることを願っているのが一般庶民の感覚だと思います。

 一方で今後の活動自粛に備えて、食料品等を普段より多く買っている人も多いはず。実は先ほどスーパーに行ってきました。米がなくなったからですが、レジは混雑気味。

 普段より多く物を買っている人が多い感じ。当然ながら1m以上間隔を開けて並んでいる様子もなし。これはスーパー側が線を描くなりしないと改善はされないかも。

 帰宅して、現在の日本国内の感染者数を確認すると、昨日より252名増えて3906名となっています。昨日からの増加率は1.069倍で、若干減少。

 とはいえ厚労省の感染者数の推移のグラフを見ると、愕然として気持ちが暗くなります。しかもここに出ているグラフは、いつも前日までのデータしか反映されていません。

 ちなみに感染拡大を少しでも減らすためには「3密」を避けるのは当然ですが、今や感染経路不明の感染者が増えていますから、日常的にどこにでも潜在感染者がいてもおかしくないという状況なのかも。

 また実は自分自身がすでに感染しているのに無症状という事もあるようで、他人から感染する場合と、他人に感染させる場合がある、という認識も必要だなと思っています。
 

第1916回 緊急事態宣言を出さないと、外出する人はこれ以上減らない!

 Johns Hopkins大学の数値によれば、アメリカの感染者数は、昨日の275586名から32947名増えて、遂に308533名となり、30万名を突破。

 この冬は、アメリカ本土で早くからインフルエンザが流行し、その患者数は2600万名以上、亡くなられた方は14000名を越したというニュースがありました。

 この数字で死亡率を計算すると0.00054という数値になり、死亡率は0.054%という事になりそう。

 一方今回の新コロナウイルスの場合、全米で亡くなられた方は8000名ぐらいいるみたいですから、その死亡率は約0.0267となり、現時点での死亡率は2.67%。

 つまり通常のインフルエンザより50倍ぐらい死亡率が高いという事になりそうです。しかも現時点で2/22からの感染者数推移のグラフを見ると、増加の勢いが減少する様子が全く見られません。

 

アメリカの新型コロナウイルス感染者数の推移
 ちなみに今日の各国の感染者数を見ていて驚いたのがフランス。昨日は65202名だったのが、いきなり25000名ぐらい増えて、今日は90844名となっています。

 しかし世界の感染者数の推移を見ていると、短期間で急増する国と、じわじわと増加する国の2極化が良く分かります。ではなぜそんな違いが出るのか?私なりに考えたのは

・ 医療体制充実度
・ 国民性や手洗い等の生活習慣、気質
・ 気候、気圧、湿度、風
・ 肉食系の狩猟民族、草食系の農耕民族
・ もとから持っている民族の遺伝子
・ 人口、人口密集度、宗教
・ 政治のリーダーシップ

といった感じですが、どれも今一つ。結局一番影響が大きそうだなと思うのが対処の早さと手洗い等、清潔度への意識。ということは、今後も感染を避けるためにできることは、不要不急の外出を避け、三つの密を避ける以外にない。

 というわけで、東京および近県では、この週末も外出自粛の要請が出ていますが、それでも減ったとはいえ市街に出かける人はいるみたい。

 仕事ならやむを得ないという気もしますが、まだまだ本気で現状を憂えている人は少ないんだなと感じます。だとすれば、やはり緊急事態宣言を出して、他国のように勝手に出歩いている人に罰則を科すとか拘束という強硬手段をしないと駄目なのかもしれません。

 とはいえ、昨日は私もすぐ近くの市民農園に出かけて除草作業等をしていましたから、どこまでが不要不急なのか、判断が難しいなと感じています。

 しかも宣言を出せば、すべての経済活動が激しく打撃を受けますから、安倍総理はその打撃の程度と、感染拡大によって失われる人命を計りにかけているのではという気がしてきました。

第1915回 経済が心配なら、そう言ってくれればいいのに・・・・

  緊急事態宣言はいつ出されるのか?今出さないと、さらに感染爆発が起きるという、悲鳴のような声がネット上のあちこちで聞こえてきます。

 私も、ぎりぎり持ちこたえているという発言を繰り返す安倍総理の言葉に少し不信を感じるようになっていました。世界各国の様子を見ても、政府側から緊急事態宣言が出され、それに庶民が不承不承従うという例が多い。

 日本の場合はそれとは逆に、一般人や専門家、芸能界あたりにいる人が、「もう宣言を出してもいい時期だろう」と言っているのに、なかなか出さないので、世界でも珍しい例かもしれないなと思っていました。

 そして今日の毎日新聞の朝刊の4面。「世界 大量解雇の波」という記事を見て、もしかして安倍総理はこれを心配しているのか?と勝手に納得。

 宣言を出しても、外出自粛要請が続く今の私のような末端年金生活者の生活は、これまでとほとんど変わらないと思うのですが、経済界、産業界はマヒ状態に陥りそう。

 となると、新聞記事にあるように、大量解雇、生活困窮者続出ということになり、場合によっては新型コロナウイルスの感染拡大による死亡者数よりも、経済不況に寄って生活手段を絶たれ治安が悪化したり、自殺者が急増したりする可能性を警戒しているのではと、ちょっと見方が変わりました。

 だとすれば、先週生活困窮世帯への給付が決まり、企業への支援にも民間銀行が参入することが決まりましたから、場合によっては来週早々に宣言が出るのかもと思うようになりました。

 あくまで私の勝手な印象ですが、だったらそういったことを正直に言ってもらいたかったなと思うのですが、もしかしたら見当違いのことを書いているのかもしれません。

 そんな中、今日の感染者数をJohns Hopkins大学のサイトで確認すると、アメリカは昨日より3万人ほど増えて275586名。どうやらアメリカでもマスクの着用が推奨されるようになったみたいです。

 一方日本は、各地で新しい感染者が見つかったという記事があるものの、現時点で昨日発表された2617名から数字が増えていません。

 ちなみに現在の日本の人口は1億3千万人ぐらい。そのうちの2617名という事は、割合で行くと0.002%ぐらい。私の住んでいる埼玉県は人口が736万人だそうですが、今日現在の感染者数は133名なので、0.0018%。

 感染者に遭遇する確率はかなり低そう。とはいえ、実際の潜在感染者数はこの10倍と考えると、その確率は0.02%に上昇しますが、このぐらいの数字だと、1万人の中に2人の感染者という数字になります。

 一方毎日公共交通機関を利用して通勤している人や、単に街歩きですれ違う人、レストラン等の食事場所、職場で接する同僚等を考えると、1人の人が1日で接する人は、少なくとも100人ぐらい。

 確率的には1万人に2人という事ですから、それでも感染者に遭遇する確率は現時点ではかなり低いような気もします。とはいえ外出を毎日繰り返せば、10日間で接する人は1000人になりますから、確率も上昇します。

 だとすればそういった確率を無暗に上昇させないためにも、不要不急の外出は自粛という言葉にも説得力があるなと感じるようになりました。


第1914回 室内でできる運動用具が必要?

 アメリカの感染者数拡大の勢いが止まりません。トランプ大統領の口調も、当初は楽観的だったのですが、最近は徐々に悲壮感が出てきたように思います。

 Johns Hopkins大学が発表する数値をもとに、2/25からの日ごとの前日からの感染者の増加数のグラフを描くと以下の通りです。

アメリカの日ごとの感染者数の増加
 このところほぼ右肩上がりに増加しています。このまま増加を続けると、今日の感染者数が244678名ですから、明後日には30万名を越えてしまいそうです。

 日本はどうなっているかと言うと以下の通り。ここ数日の増加数は240名前後で何とか抑えられています。

日本の日ごとの感染者数増加
 しかしじわじわと増え続けていることは間違いない。最近は幼児や若者が重症化する例も増えてきたという事で、ウイルスの性質も少し変わってきたのかなという印象を持っています。

 昨日は、風が強かったので、近所にある中規模ショッピングモールに行って、モール内をウォーキング代わりに歩いてきましたが、いつもより歩いている人がかなり少ない。

 平日の昼間ですから当然と言えば当然ですが、本来なら学校は春休みで、暇を持て余した中高生がフードコートに群がっていることも多いのですが、家で自粛に協力しているのか、あまり姿が見えません。

 併設されたスーパーにも、人はいますが、いつもの半分ぐらいしかお客さんがいません。私も濃厚接触を意識して、以前は毎日買い物に行っていましたが、今は二日に1回のペースになりましたので、そう考える人が多くなってスーパーが空いているとも言えそうです。

 ちなみに、モール内にはいわゆるカジュアル系のブランドショップも多数ありますが、お客さんがいないので店員さんは暇そう。

 こんな時、私が好きなタイバンコクの店の店員さんは、レジの傍らで食事をしていたり、メークにいそしんでいたりしますが、日本ではそういった行動は許されず、ただじっとお客さんを待っている感じ。辛そうです。

 とはいえ、不要不急の外出の自粛を要請されると、自宅で過ごす時間が多くなり、そうなると逆に食品や日用品以外、あえて買いたいという気持ちが起きません。

 心配なのは高齢者の運動不足で、私もそれを意識してなるべく歩く時間を確保するようにしていますが、今後さらに外出自粛要請が強く出されるようになると、自宅での運動手段を考えないといけない。

 今まで本気で考えたことがありませんでしたが、室内ウォーキングマシンや室内自転車の購入も検討しないといけないかなと思うようになってきました。 
   

第1913回 マスク2枚配布は、今、国が行う事なのか?

  Johns Hopkins大学の数値によれば、アメリカの感染者数が昨日より25000名近く増えて、20万名を越えて213372名になっています。

 アメリカの人口は日本の3倍ぐらいみたいですから、これが日本だったら7万名ぐらい?日本の今日の感染者数は、何故か上記大学の数値は更新されていなかったので、厚労省のページで確認すると2384名になっていましたので、アメリカとの比較では好成績。

 また世界的な視野で感染者数を比較すると、日本は現在32位ぐらい。一時期は25位ぐらいでしたから、その意味では日本は大健闘?しかし油断は全くできません。

 感染者数推移のグラフを見ると、増加の勢いが衰える様子が全く見えません。むしろこのところその勢いが増しているように見え、ここから急角度で上昇しそう?

 他の国の感染者数推移のグラフを見ると、最初はじわりじわりと増えていて、ある時期になると突然急カーブを描いて上昇というパターンが多いです。

 そのカーブを日本の状況に当てはめると、今まさに上昇の曲がり角かなという雰囲気を感じます。ただ厄介なのは、感染者数という数値になってあらわれるのが、2週間後ぐらいなので、今見ているグラフのカーブは3月中旬に感染した人の数だと思われます。

 このころすでに小中高は臨時休校となり、あちこちで外出自粛要請が出されたので、その効果が表れるのが今週あたり?しかしグラフは無情にも上昇中。

 昨日は医療関係の専門家が、医療崩壊が近づいているというコメントを出していましたが、安倍総理は「ぎりぎり持ちこたえている」という見解のようで、緊急事態宣言はナシ。

 安倍総理が何故宣言を出さないのか?ぎりぎりという表現はいったい何を意味しているのか?そうやって引き延ばすことによって何が得られるのか?

 また宣言を出すことによってどんなデメリットがあるのか?そもそも宣言を出したことによって、生活がどのように変わるのか?なんか曖昧なことが多すぎる感じです。

 そんな中、マスク2枚を配布という表明がありましたが、なんかかえって「そんなことしかできないのか?」と不安になりました。

 まあ確かにマスク不足はあるのだと思いますし、洗えば20回も使えるマスクなら便利だと思えるような気もしますが、各家庭に配布するという作業量を考えると、そんな悠長なことでいいの?という疑問も感じます。

 安倍総理には多数の方面から様々なアドバイスが押し寄せていて、その中から本当に有用な情報を選んで決断することが求められているわけで、かなり過重負担になっているのではという気もします。

 総理を取り巻くたくさんの大臣さん達が、もっと事態を直視して、分担して様々な対策を講じる必要があるのではという気もします。

第1912回 一人一人の意識を変えて、活動自粛?

  今日は4/1。新年度の始まり。本来ならフレッシュな気持ちになるはずですが、埼玉県は朝から雨で薄ら寒い。新型コロナウイルスの感染も拡大中で、果たしてどんな1年になるのか?と思いつつの不安な日です。

 急拡大しているアメリカの感染者数ですが、今日は昨日の163429名から25118名増えて188547名。ニューヨークの医療従事者たちから悲鳴が上がっているようです。

 初期対応を甘く見た、という非難もあるようですが、経済を重視していまだに緊急事態宣言が出されない日本でも、その優柔不断が仇となって、物事をつい悲観的に見てしまう私には、いずれどうしようもない事態が生じそうな気もします。

 アメリカの2/16からの感染者推移のグラフは以下の通り。Johns Hopkins大学の数値を参考にしています。 
アメリカの感染者数の推移
 日本はどうかと言うと、何故か今日は新しい数値が更新されていません。そこで厚労省発表の数値を参考にすると、昨日の1953名から、なんと239名増えて2192名となっています。

 この数値を使って1/27からのグラフを描くと以下の通り。日本の感染者数推移
 昨日は感染者がちょっと減ったのですが、今日の数値を入力すると、増加の勢いが全然衰えていないことが良く分かります。のこのところの感染者数の増加率は前日の1.1倍ちょっとの数値です。

 小さな数値ですが、1日で1.1倍なら1週間で2倍、10日で3倍になる数値です。政府側はぎりぎり持ちこたえていると言っていますが、今、分単位で起きている感染拡大の影響は10日間以上経って数字になってあらわれるという事ですから、4/10には7000人ぐらいになっているかも。

 ちなみにアメリカの感染者数が2000名を越したのは3/15。そこからたった半月で20万名近い数字になっています。日本でも同様のことが起きれば、4月中旬には20万名近くなっている?

 日本ではそんなことは起こりえない、と信じたいと思っていますが、現実のグラフを見ると不安になります。ではどうするか?

 政治家が経済崩壊を恐れて緊急事態宣言を出すことに及び腰になっている中で、庶民ができるのは余計な行動の自粛しかないと思っています。

 経済崩壊の前に医療が崩壊したのでは、一番大事な命が多数失われるという事になりかねません。健康弱者の私の単なる取り越し苦労であればいいのですが、諸外国の実態を見ていると不安です。

検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
27位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 

 50代半ばで妻を失い、その後の自律神経失調症症状で、50代後半に早期退職。既往症は喘息、アトピー、高血圧。さらに60代になって鼠径部ヘルニア、クモ膜下出血も経験しました。  このブログはそういった経験を踏まえて、日ごろの健康生活についてまとめているものですが、いつの間にか早期退職後10年以上が経過しています。