FC2ブログ
HOME   »  アトピー性皮膚炎  »  第975回 猛暑で血圧は下がり、アトピーが悪化

第975回 猛暑で血圧は下がり、アトピーが悪化

 とんでもなく暑い1日でした。暑くなって血圧が下がって喜んでいましたが、今度は暑くなりすぎて熱中症になりそうです。

 水分をとって涼しい部屋に籠もっているのが一番と分かっていますが、そうなると1日中部屋の中にこもっていることになり、なんだか運動不足になって不健康なような気もします。

 一方高齢者の中には経済的な理由でエアコンがあっても使わない人がいるようで、そのため熱中症になってしまう人もいるようです。

 このブログの主旨とは異なりますが、東京電力が「節電に協力を」と言い、さらに「原発が使えないので電気料金が上がっています」と言えば、「それじゃあなるべくエアコンの使用は控えよう」と考える善良なお年寄りがいてもおかしくありません。

 そう言ったことも考慮してか、テレビのニュースでは水分の補給、エアコンを使って涼しくと言うことをかなりしつこく言うようになっているように感じます。

 私の場合は冬より夏の方が調子が良いので、多少の暑さには耐えられると思っていますが、さすがに外の日差しを見ると、買い物に自転車では出かける気になれません

 結局家で本を読んだりギターを弾いたりしていましたが、4時過ぎから今度は突如雷雨。雨が降ってほんの少し気温が下がりましたが、その分湿度は増加。

 朝洗濯物を干していたことを忘れていてがっくり。なんだか散々な1日です。

 追い打ちをかけるように、汗をかいたせいでしょうか、左手の肘の内側に痒みが出てきました。まだ我慢できないほどの痒さではありませんが、昨晩は寝ている最中にムズムズしてムヒのお世話になりました。

 今日も今はムズムズしていますが、なるべく無視しています。我慢できなくなったら、先ずは冷水。それでも駄目ならムヒ。更に駄目ならシャワーと、まあいろいろ手段はありますが、基本的にはこの湿気と暑さが去らない限り、症状は改善しません。

 前にも書きましたがアトピー性皮膚炎の対処は、基本的には食事だと思っていますが、食事に気をつけても効果が表れるまでに最低数年かかります。 その数年間の間に仕事等でストレスが重なると、折角良くなりつつあった症状がまたぶり返すなんて事もずいぶん経験しています。

 速効性のあるのはステロイドホルモンで、皮膚科の医者にいけばすぐに処方してくれると思います。しかし何故かホルモンと聞いただけで使用を躊躇ってしまいます。

 医師の指導の元で使えば問題ない、と良く言われます。もちろんその通りだと思いますが、私の場合更にその先を深読みして、その医師が信頼できるならばという修飾語がつくと思っています。

 使い方をきちんと指導してくれる医師もいれば、これさえツケとけば大丈夫、と簡単に薬を投げて寄越すような医師もいます。そうゆう経験が積もり積もってステロイド剤への不信感があるのかなと思っています。
 
関連記事
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。