FC2ブログ
HOME   »  ★健康管理  »  第989回 太らない体質とは?

第989回 太らない体質とは?

 私は学生時代体重が51kgでした。その頃の身長は173cmくらい。喘息の影響かなと思っていましたが、ともかくガリガリ状態。いわゆる肋骨が浮いて見える状態ですね。

 父の体型は普通。母はやせ形。母親の遺伝かもしれません。ということは一生太らないのかなと思っていました。この体重は30代半ばまで続いています。

 ところが30代半ばから後半にかけて仕事が激務となりストレスが増加。その途端に暴飲暴食が続いたのかなと思いますが、突如体重増加。3年間で12kg増え63kgに。さらにピーク時は67kgまで増加。38歳の時です。

 この頃から血圧の薬も飲んでいると思います。しかしその後勤務先が変わり、ストレスが減ったのか体重は2年間で5kg減少して62kgに。40歳の時です。

 以後61~63kgの間で推移して20年経ちました。結局30代後半に妙に体が重くなって、体調が悪くなった頃を過ぎてから、基本的に体型は身長172cm、体重62kg前後なので、まあ標準体型です。

 時々食べ過ぎることもありますが、63kgを大きく越えることはありません。同僚からは、「食べても太らないからいいねえ」と言われます。「燃費が悪いのかな」と笑って返答していますが、太りやすい人はすぐに太ると言われても、どうも信じられません。

 この原因はいったい何なのか?体質なのか?遺伝なのか?生活習慣なのか?それとも本当に燃費が悪いのか? 基礎代謝率が大きいと言われればそれまでですが、別に運動をやっているわけではなく、むしろ運動は苦手です。

 かつての同僚に、食べるとすぐ太るので困ると嘆いていた人がいました。その方と私の食生活を較べてみると、私に較べて

・ 1食の食事の量はそれほど変わらない
・ 運動量は私より多い(スポーツジムで走っていたそうです)

という条件がありながら、これはと思ったのは

・ 食事の時間が不規則
・ スーパーの惣菜等の利用が多い
・ 間食をする
・ もともと体脂肪が少し多い

と言うような特徴が目に付きました。つまり食事として食べる量は同じでも、間食分のカロリーが多く(私は間食はほとんどしません)、惣菜は今も野菜系をたまに買うだけで揚げ物系はほとんど買いませんので、客観的に計算していくと、摂取する熱量がもともと違うのではないかと思われます。

 そして一度大食いの経験をしてしまったり、そのせいで脂肪がついてしまうと、その脂肪を維持するために食べたいという欲求が生まれ、さらについ食べてしまうと言うことになるのかなと思われます。

 逆に言うと私の場合知らず知らずのうちに、日頃から三食をきちんと食べれば、間食は必要ないという体になってしまっているため、ダイエットに近い食生活に慣れてしまっているのかなと思えます。

 私が唯一太った時期は、上に書いたような暴飲暴食の時期ですから、それがなければ普通はそれほど太らないと言うことになりそうです。ということはダイエットなんて簡単だと言う結論になるのですが、・・・。(実際にはそんな簡単じゃないんだよ・・・と言う声いっぱいも聞こえてきます)

 
関連記事
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。