FC2ブログ
HOME   »  ★最近のニュース  »  第992回 カネボウ化粧品 美白効果「まだら」に

第992回 カネボウ化粧品 美白効果「まだら」に

 7月31日付けの毎日新聞の記事を見ています。タイトルは「「美白」花王の業績直撃」だそうですが、業績なんかより個々人への被害の大きさが気になっています。

 被害に遭った方は、この記事では6808人となっていますが、今日のネットの情報では8000人を越えたと言う記述もありました。さらに重症者は2000人以上と言うことで、大きな問題に発展しました。

 現在花王(カネボウ化粧品)は製品の自主回収を行っていますが、その対象商品は54商品だそうで、2008年に独自開発した「ロドデノール」という成分を含む商品だそうです。

 これらの美白化粧品ですが、紫外線や加齢によって肌に出来るシミを予防する効果があるとされています。ではどうやって予防するのかと言えば、シミの原因はメラニンの生成だそうで、これを抑制する作用があるとのことです。

 記事では7月4日の自主回収の報道以来、19日までに対象製品45万個の内36万個を回収したと書かれていますが、今日付の毎日新聞の社説では、この成分を含んだ製品は、すでに440万個も売れているそうで、この売れ行きが自主回収決断前の時間差を生んだと言えそうです。

 またこの製品はアジア10カ国でも販売されているそうで、今後国際的な問題に発展する可能性もあります。

 と言うのがこれまでの概要ですが、では何故こんな事が起きて、今後まだらになった肌は回復するのか?と言うことを誰でも知りたいのだと思います。

 そこで先ず「ロドデノール」とはいったいどんな成分か、というところから調べてみました。いつものようにウィキペディアを見ると、すでに健康被害の情報もまとめられていましたが、先ずは成分ですね。

 白樺の樹皮等に多く含まれている成分で有機化学の分野では「4-(4-ヒドロキシフェニル)-2-ブタノール」と呼ばれているそうです。化学式はC10H14O2だそうですが、構造式は書かれていませんでした。

 ただしヒドロキシフェノールはベンゼン環にOHが一つくっついたもので、そのベンゼン環内の他のCにブタノール(C4H9O)がくっついたものだと想像しています。

 一方シミの元になる「メラミン」ですが、皮膚の表皮最下層にあるメラノサイトで合成されます。ただ、その合成過程はひじょうに複雑です。(ウィキペディアのメラニンについての説明を読んでいます) 

 メラニンの原料は「チロシン」だそうで、これに「チロシナーゼ」という酵素が働き、そこから先は次々と反応が連鎖的に進み最終的にメラニンになります。カネボウによると同社のロドデノールは、この「チロシノーゼ」という酵素の働きを制御すると書かれています。

 要するに酵素の働きを弱くしてシミの生成を妨げようという事かなと思います。ただ上記のロドデノールがどのような化学反応によってこの酵素を制御するのかと言うことは触れられていません。ただし半年程度の臨床実験が行われているようで、そこで美白効果が確認されたとしています。

 さてでは何故マダラになるのか?写真を見ると白っぽくなっている部分が見えますが、この部分にかつてシミがあって、そこだけにこの商品を使用したとするならば、結果的に白くなったわけで、「効果がありすぎた」ためマダラになったとも言えそうです。

 もし顔全体に塗っていて、顔全体がマダラになったと言うことであれば、これは皮膚の方で、効き目があらわれやすい場所とあらわれにくい場所があったと言うことです。実際にはどうなのか?使用法が分からないので、ここから先はもう少し詳しい報道を待ちたいと思います。
関連記事
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。