第1009回 暑い日の飲物「スムージー」について

 ハワイは乾燥した気候が特徴ですが、近年少しずつ湿気が増えているような気がします。実際湿度を調べてみると日本とそれほど変わりません。ただ常に爽やかな貿易風が吹いているので、木陰に入ったときの爽やかさが何とも言えません。

 道路は整備され、歩道も広く、ショッピングモールは広大、あちこちのビーチ沿いや山中に広い公園が整備されています。必然的に出かけようと思うと、自然に歩く距離が長くなります。

 しかし、景色が良く、気候が良く、歩く道も整備されているので、歩くこと自体があまり苦になりません。早朝起きるとビーチ沿いを散歩したり、ランニングをしたりしている人が大勢います。こちらは主に観光客。

 一方地元の人は、近くの公園や、ワイキキ付近では山側にあるアラワイ運河沿いに遊歩道が整備されているので、ここを朝から犬を連れて歩いている人が多いです。

 これだけで健康に良さそうだなと思えますが、近年日本食が体に良いという認識が欧米人にも行き渡っているようで、今回の旅行で訪れたいわゆる和食レストランや居酒屋さんは、多数の欧米人で賑わっていました。

 洋食か和食か、体に良いのはどちらか、なんていうのは結論が出ない論争だと思いますが、日本人が洋食に憧れるのと同様に、欧米人は和食に憧れているのかもしれません。

 それはそれとして、暑い日中、ちょっとカフェで休憩となったとき、日本だとコーヒーやジュースを頼む人が多いと思いますが、ハワイでは「スムージー」という飲物を飲む人も多いです。

 10年ぐらい前は「スムージーって何だ?」というのが日本人の感覚だったと思いますが、今は日本のお店でも飲むことが出来ます。私も今回の旅行では何回か飲みました。

 基本的には果物ジュースですが、それがシャーベット状になっているというのが特徴でしょうか。暑い日差しを避けて木陰でこういった飲物を飲むと、体全体がシャキッとするような気がします。しかも元は果物ですから体に良さそうです。

 同じ飲物を日本でも作れないかと先ほどレシピを調べてみたのですが、なんだか日本ではグリーンスムージーというのが流行っているようですね。似たようなページがいくつも出てきます。

 果物のスムージーのレシピも紹介されていますが、サイトによって作り方がかなり異なるようです。基本的には

冷たい、または凍らせた果物(イチゴ、バナナ、パイナップル、スイカ等)+液体(水、氷、牛乳等)+味付けのハチミツやシロップ等

で構成されているようですが、この中の果物以外は別に使っても使わなくても良さそうです。つまりものすごいバリエーションがあると言うことで、逆に言うと決まったレシピはない、とも言えそうです。

 でこれらをミキサーに入れてトロトロになるまで撹拌すれば出来上がり。要は果物シャーベットジュースですが、それを葉物に応用したのがグリーンスムージーと言われるもののようです。

 グリーンスムージーについてはよく分かりませんが、少なくとも通常のスムージーは果物がたっぷり入っていますから、体に良いことは間違いないように思えます。(ただしキウイはアレルギーの原因になる可能性があります)

 ミキサーさえあれば簡単にできますので、蒸し暑い日に試してみると良いと思います。単純なものでも、びっくりするほどおいしいです。
関連記事


 

Pagetop

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


検索フォーム

全記事表示リンク

フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
635位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
136位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。