第1018回 加齢に伴って、大殿筋、大腿部の筋肉が減少

 高血圧や冷えの原因の一つに、加齢による大腿部の筋肉の減少があると言われています。これは私自身ここ数年感じることですが、夏でも寝るときは長ズボンのパジャマの方が短いものより寝やすいようになりました。

 先日の新聞では、80歳ぐらいになってくると、男女を問わず、夏でも靴下を履かないと爪先が冷える、というような記述もありました。

 私の場合足首から先については、まだそれほど冷えを感じることはないようですが、寒くなってきたとき、太ももに冷えを感じる頻度が高くなり、股引を履かないと駄目だ、と思うことが多くなりました。

 小学生ぐらいの子供達が冬でも半ズボンを履いていたり、女子高生が冬でも短いスカートを履いていたりするのを見ると、それだけで足下に寒さを感じる年齢になってしまいました。

 しかも冷えだけなら良いのですが、冷えることによって筋肉が収縮。動作が鈍くなり、さらに毛細血管まで収縮しますから、その結果血圧も上がります

 それを避けるためには太ももの筋肉の発熱量を維持したり、筋肉そのものが減らないような努力をしないといけないんだなと言うことが分かってきて、前回の冬あたりは、外を歩けない分、室内でスクワットをやったりしていました。

 そのせいかどうかは分かりませんが、前回の冬は冷えこそ感じたものの、血圧が極端に上がるというようなことは少なくなったように思っています。

 と言うことは暖かい時にもっともっと大腿部の筋肉を鍛えておかないといけないんだなと思い、意識的に歩くようにしています。

 それはそれで良いのかなと思っていますが、最近になって、もう一カ所筋肉量が減ってきたんじゃないかと思える部分を意識するようになりました。

 それはお尻の筋肉。すなわち大殿筋です。どんなときに感じるようになったかというと、堅い木の椅子に座ったとき、尻の骨が椅子の木と直接接して痛い、というような感覚を持ったり、今こうやってブログを書いているとき、クッションのある椅子に座っているにもかかわらず、以前に比べて椅子の固さが気になると言うようなことです。

 他にも長距離ドライブで、車のシートが硬く感じられるようになったとか、律儀に振り返って考えてみると、どうやら大殿筋が減少しているのではないかと思えることが多くなりました。

 そこで加齢に伴う筋肉の減少が著しいのはどの部位なのかと調べてみると、やはり大腿部の筋肉、お尻の筋肉、さらに腹筋や後背筋という、要するに腰の周りを取り囲んでいる筋肉の減少が著しいようです。

 これらの筋肉は、元々が運動や姿勢を維持するための必要な重要な筋肉ですから、これらが衰えると言うことは姿勢が悪くなり、歩行等の運動能力が低下し、さらにそれぞれの筋肉が大きいことを考えると、血圧上昇の要因にもなるように思えます。

 というわけで、では加齢に伴うこれらの筋肉の減少を食い止めるために、スクワット以外にどんな方法があるのか、と言うことを、次回以降少し調べてみようと思います。
 
関連記事


 

Pagetop

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


検索フォーム

全記事表示リンク

フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
635位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
136位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。