FC2ブログ
HOME   »  ★健康維持  »  第1035回 速歩ウォーキングと適度な運動

第1035回 速歩ウォーキングと適度な運動

 秋口に入り、日によって若干花粉による軽い喘息症状はあるものの、概ね体調良好なので特に書くこともなく昨日は更新をお休みしました。

 ただウォーキングには出かけました。一昨日新記録を達成しましたので、昨日は記録更新は意識せずに気持ち良く歩こうと考え出発。記録は38分28秒。40分を切ったのでびっくり。

 ストップウォッチを持って測定を始めてからの、これまでの記録を時系列で並べると以下の通りです。
日付時間意識したこと
9月19日36分10秒速歩
9月21日35分25秒速歩
9月24日42分25秒通常
9月26日35分10秒速歩
9月28日42分06秒通常
9月29日35分8秒歩幅を意識
10月1日33分36秒歩幅を意識した速歩
10月2日38分28秒気持ち良く歩く

 だいたいストップウォーッチを持って歩き始めて2週間ぐらいたちました。もちろんどこがどう変わったかなんてことはさっぱり分かりませんが、最初の頃に較べると、「速歩」を意識しなくても、普通の呼吸で40分を切れるようになってきたなと言う印象を持っています。

 この間体重の変化も見ているのですが、ほとんど変動無し。もともと私は食べても食べなくても(食べない方は滅多にありませんが)、だいたいいつも62kg前後です。ということはこの程度の運動では、ダイエットを目的にすると記録はほとんど伸びない、と言うことになりそうです。

 ちなみに速歩ウォーキングでは、結構息苦しくなります。喘息持ちとしてはお馴染みの症状ですし、小さいときは野原を走り回ったときに、心臓がバクバクして息苦しいこともありましたからあまり気にしていませんが、それでも歩いている途中にばったり、なんてことがあったら嫌だなと思い、少し調べてみました。

 しかし有用な情報は特に見つかりませんでした。高齢者の場合は無理をするなと言う記述が多く見られますが、具体的にどうなると無理なのかが翌wかりません。また多少は体に負荷をかけないと体力増強は難しいような気もします。

 かといって運動をやりすぎると活性酸素が発生してかえって体に良くないとも言われます。いったいどっちが正しいんだ?結局適度な運動という、何だか抽象的な言葉で誤魔化されてしまうのかなと思わざるを得ません。

 更に調べてみると、結局活性酸素が出来る速さと、それを駆逐する新陳代謝の競争になるようで、適度な運動なら新陳代謝の速さの方が勝る、と言うことのようです。

 しかし、あんまりあれこれ理屈ばっかりこね回すのもどうかなと思います。ちょっと辛いけど歩き終えて「いやあ、ちょっと苦しかったけど今日もがんばったあ」と思えるぐらいが適度な運動かなという気もします。
関連記事
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。