第1050回 有酸素運動が健康によいといわれる理由

 昨晩はクラシック音楽のリラックス効果があったのか、ひじょうによく眠れました。気温も下がってきて、布団をかぶってちょうど良い感じになってきたこともよく眠れる理由かと思います。

 唯一嫌なのが花粉。昨晩も気分的には良好でしたが、喉のイガイガ感と軽い鼻水症状が続きました。今日は起きがけにちょっと感じましたが、雨が降っているせいか、今はあまり感じません。

 それはそれとして、ここ数日雨模様が続いていて、ウォーキングに出かけられません。市の運動施設に行って、ルームランナーかなんかで歩いてもいいのだとは思いますが、私よりもっと若い方が一生懸命走っていたりするので、歩くだけで利用するのは心苦しいです。

 というわけで、今日は室内で図書館から借りてきた「ウォーキング」に関する入門書を読んでいます。何気なくやっているウォーキングですが、専門書を読むとなかなか奧が深いですね。

 ウォーキング前のストレッチやウォーキング後のクールダウンの必要性がよく分かりました。またストレッチの方法が図解してあるので、次回からはもう少し体をほぐしてから出かけるようと思いました。

 ところでウォーキングというと「有酸素運動だから健康に良い」という記述をよく見かけますが、ではそもそも有酸素運動とはどうゆう運動で、その際体の中でどんな事が起きているのかということまできちんと書いてあるページは少ないようです。

 ここのところ何でも自分で調べて納得したい、という気持ちが強くなっているので、早速有酸素運動について調べてみました。

 先ず常に対比させられるのが無酸素運動という言葉ですね。なんだか無酸素と書いてあるだけで、喘息持ちの私なんかは息苦しく感じられてしまうのですが、どうやら両者の大きな相違点は細胞レベルの話のようです。

 これをもう少し詳しく見てみると、先ず運動をする、ということは筋肉の収縮を伴うわけです。筋肉はう~ンと細いゴムひものようなものが束になって、その束になったものが更にまた大きな単位の束になると言うことを繰り返して筋肉という太い組織になっています。

 この筋肉に対して神経から収縮せよと言う指令が発せられるわけですが、その時に収縮のためのエネルギーが必要になります。

 このエネルギーを産み出すのが、高校の生物で重要な語句として勉強するATP(アデノシン三リン酸)と呼ばれるものです。一般的にはこれがADP(アデノシン二リン酸)に変わるときネルギーが出ます。

 しかしATPは筋収縮と共にすぐに在庫が切れてしまうので、さらにATPを新たに作る必要があります。どうやって作るかと言えば、まず細胞内に含まれている栄養素を化学的に分解し、ここで得られるエネルギーでATPを作ります。

 ただしこの過程で作られるATPの量は、その後に酸素を使って作られるATPの20分の1程度の量しかありません。つまりこれでもやはりすぐにATPは不足してしまうと言うことです。(続きます)  
 
関連記事


 

Pagetop

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


検索フォーム

全記事表示リンク

フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
635位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
136位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。