FC2ブログ
HOME   »  ★健康管理  »  第1059回 遺伝子組み換え食品の安全性の審査のポイント

第1059回 遺伝子組み換え食品の安全性の審査のポイント

 大豆やトウモロコシを含む食品の場合、原材料の5%以内に遺伝子組み換え食品が含まれていたとしても、それはあえて表示する必要はないと言うことで、意図的に混入させる可能性がありそうなことが分かってきました。

 ということで、我々が日常的に食べている食品の中に、意図的であるかどうかは別にして、遺伝子組み換え食品がすでに少しだけ含まれている可能性があることに、私はかなりショックを受けています。

 もちろん厚労省が安全審査を行って、その程度なら問題ないと判断しているわけで、それを信用することが出来れば、一切気にする必要はないということになります。

 そうなると次に思うのは、「厚労省の審査はどのように行われているのか?」ということです。これについては、「厚労省 遺伝子組み換え食品 安全審査の方法」というような検索語句を使うと、やはり以前と同じパンフレットのページが第1番に出てきます。

 そこで、ちょっと容量が大きいのですが「遺伝子組み換え食品の安全性について」という消費者向けパンフレットを参考にして、安全審査について考えてみました。

 ポイントは7ページからまとめられています。一読すると、「なるほど確かに安全なんだ」というようには感じました。しかしそれはすべての記述にまったく誤りがないと言うことが前提になります。(しかしそう言ってしまうと、どこまで証明しても疑いは存続する、ということにもなりますが)

 そこで安全性を考えるポイントになる部分をパンフレットから取り出してみました。

1.組み込まれた遺伝子が有害物質を作る可能性

2.害虫が食べて死ぬ作物を人間が食べて大丈夫か(ちなみに害虫という言葉は良くないと思います。作物を食べるので害虫であると言う定義だとは思いますが、当然益虫もこれを食べれば死にますので、すべての虫または昆虫と言うのが正しいような気がします)

3.Btタンパク質(バチルス・チューリンゲンシス)は害虫(昆虫)のみに作用する

4.Btタンパク質はアルカリ性の物質(害虫の消化管はアルカリ性)と反応する

5.Btタンパク質が酸性の物質(ヒトの消化管は酸性)とは反応しない
 であるなら、人間の場合sのままは移設されそうな気もします

6.Btタンパク質は微生物に含まれる殺虫成分

7.摂取した食べ物に寄って作られる新たなタンパク質がアレルギーの原因とならないか

8.遺伝子を組み込むとき利用するベクター(遺伝子の運び屋)の安全性

9.安全性のあるものとないものがきちんと分けられているか

10.そもそも安全ではないと判断されたものが存在するのか

11.存在するとしたら、それらはきちんと廃棄されているか(食品偽装等で混入する恐れはないのか)
 
というようなことが、安全性を考えるポイントになるのかなと感じました。
 
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。