FC2ブログ
HOME   »  インフルエンザ、風邪  »  第1084回インフルエンザの予防接種をしてきました

第1084回インフルエンザの予防接種をしてきました

 今日はインフルエンザの予防接種をしてきました。例年は11月下旬に行っていたのですが、中旬からちょっと風邪気味だったので体調を調整。

 風邪はすでに治っていると思われるのですが、ここのところ花粉かPM2.5か、ともかく原因は不明ですが、軽い咳、鼻水が良く出ていて、しかも喉が何となくイガイガします。

 体調が悪いときに予防接種をすると、その悪影響が出そうだなと思い、タイミングを考えていました。

 一方12月下旬に、現在デモで騒然としているバンコクに行く予定があり、出来ればこの時までというか、この頃に予防接種の効果が出ていれば良いなあと思っていました。

 予防接種の効果はだいたい一ヶ月後から出始めるということを聞いていますので、すでにちょっと遅い感じですが、まあやらないよりは良いだろうと判断しました。

 というわけで、10時半頃にいつもの診療所へ。今日は比較的空いていましたが、私同様予防接種を受ける人が多いみたいです。

 診察室に入り、先ずは血圧。126/86で下がちょっと高め。まあ私にはあまり気にならない高さです。医師に夏場に減量していたディオバンを60から80mgに戻したと伝えました。

 予防接種は別室で看護士さんが用意してくれた細身の注射を使って行われます。たぶん針も細いのだと思いますが、今回は刺した瞬間ちょっと痛かったです。
 
 薬を体内に注入される数秒間がやはり不愉快です。

 ここ数年毎年のように予防接種をしていますが、針を刺した瞬間は、ほとんど気がつかない時から、今日のようにチクッとするまで、結構バラエティがあります。

 たぶん皮膚表面に分布している痛点のせいではないかと私は思っています。すなわちたまたま痛点がちょっと密集しているようなところだと少し痛みを感じ、そうでないところだと何も感じないと言うことです。針が細いからこそ、そう言った違いが出るのかなと思っています。

 その後待合室に戻り15分ほど待機。異常がないことを確かめてから会計。あらかじめ渡されたパンフレットには、いくつかの激しい副反応の実例が書かれていて、こんな風になったら嫌だなと思いつつ、自分の体調を観察。

 結局特に問題はなさそうで、支払いが3500円。高いです。数時間後ちょっと刺したところにこわばりを感じていますが、パンフレットによれば、そういったこわばりや軽い痛みは数日で治るとのことです。

 まあ本来インフルエンザぐらいは自分の体力、免疫力で治せないといけないし、いつも予防接種のお世話になっていると、徐々に免疫力が衰えるのではないかという不安もあるのですが、私の場合、喘息で弱くなっているのか、ウイルスが気管に達することが多いようです。

 症状が重くなると、気管支が痛めつけられ、咳が一ヶ月も続くということがあるので、やむを得ないかなと思っています。まだ肺炎までいったことはないので助かっています。
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。