第1085回 PM2.5で咳や喘息症状が出ているように思えます

 朝晩の冷え込みが厳しくなり、ここのところ速歩ウォーキングはご無沙汰です。天気の良い日中に、3kmほどのんびり歩いています。

 いつものウォーキングコースには枯れ葉が積もり、時々スリップします。今履いているスニーカーは、もう底がすり減っていて、枯れ葉やちょっとしたぬかるみでズルッと滑ります。

 転んで怪我をする前に買い換えようと思い靴屋さんにはいくのですが、値段を見てため息をついて帰ってきます。

 それはそれとして、11月上旬に軽い風邪をひいて、その後咳が長引いていますが、どうもこの咳は風邪による咳ではないのではないかと思い、旅行が近づいてきたこともあって昨日インフルエンザの予防接種をしました。

 特に激しい副反応は出ていないので安心していますが、相変わらず咳が出ます。そう思っていたら、昨日は息子も咳をしていて、これはどうも風邪や予防接種といった問題ではなく、大気そのものに原因があるのではないかと思えるようになりました。 

 そういえば、一昨日は特に大きな工場があるわけでもない上海でPM2.5の濃度が増加。大気汚染最悪レベルになったというニュースがあったなと思い出しました。

 ニュースによれば上海の濃度は220μg(マイクログラム)だったそうで、日本の基準値70μgの3倍となっています。

 新聞の天気図を見ると、ちょうどこの頃大陸に大きな高気圧が発生しているので、これを回り込んで北部のPM2.5が上海に到達したのかなと思えるのですが、だったら西風の吹く日は日本にも来ているのではないかと気がつきました。(上空には1年中西からの貿易風が吹いています)

 そう思って今度は地元埼玉県のデータでPM2.5の推移を見てみると、11月に入って、波を打つように濃度が変化しています。

 確か環境基準は35μgで、これをオーバーすると喘息患者で影響を受ける人がいるけど、実際には多くの人が影響を受ける可能性がある70μgというのが日本の基準になったと記憶しています。

 その事を念頭に置いて一覧表を見ると、6日に50μg、15日に61μg、18日に67μg:28日に64、30日に60と立て続けに35を越しています。

 実は一昨日の12月2日も咳が出て調子が悪いなと思っていたのですが、この日はなんと83という最高値を記録。この日は仕事で出かけていたので、地元で警戒警報?が出たのかどうかよく分かりませんが、2日以降喉がイガイガしていることは確かです。

 昨晩も夜9時頃に45、今日の朝は9時頃86を記録しています。ここまで来ると、私の咳や喘息症状とかなり相関関係があるように感じます。

 もし私同様、何となく喉の具合がおかしくて風邪のような咳が出る方がいましたら、地元のPM2.5情報を確認してみることをお勧めします。
 
関連記事


 

Pagetop

トラックバック

コメント

Re: 1500キロ彼方よりも貴方の町の周辺をチェック
 コメントありがとうございます。記事を読ませていただきました。大変参考になりました。そもそも埼玉県のPM2.5常時監視システムの値の上下動が、上は80から下は0まで、かなり大きく変動している事が不思議でした。

 しかも分布図を見ると埼玉の中央部にスポットのように高くなった部分があるのも変です。もし中国からなら、天気図のように中国方面から大きくPM2.5の雲が張りだしてきそうなものですが、関東の場合はそんなことはなさそうです。

 ということは別の原因が考えられるかもと何となく思っていました。その意味では埼玉のPM2.5はどこから発生しているのか?もう少し地図を見たりしてきちんと考えないといけないのかもしれません。
  • 2013-12-13│16:03 |
  • maitai0404 URL│
  • [edit]
1500キロ彼方よりも貴方の町の周辺をチェック
実際に中国から飛んできている量は非常に少ないもの。参考になるかもしれませんのでブログ覗いて見てください。

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


検索フォーム

全記事表示リンク

フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
635位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
136位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。