第1102回 様々な薬を持参して、旅行を楽しんでいます

 バンコク滞在中です。旅行初日の朝は、やはり早朝4時半に目が覚め、5時過ぎに自宅を出発。今回は車を使ったので、途中の移動は楽でした。

 日曜なので高速も空いていましたが、予定のルートの首都高で事故が発生、迂回を余儀なくされました。ナビが言うとおりに走り、ほぼ予定通りの時刻に成田到着。

 すでに今日でバンコク5日目です。バンコク旅行でいつも気にするのが、

1.腹具合

 暖かい場所なので、食べ物の鮮度にはかなり気を使っています。それでもやはり時たま、一流レストランでも「あれ?」と思うことがあります。

 今回は白菜の漬け物でそれを感じました。敏感すぎるかもしれませんが、味がおかしいので、そ~っと吐きだして捨てました。もちろん問題なかったのかもしれませんが、おなかを壊してからでは遅すぎます。

 同様に飲料水にも気を使っていますが、ジュース類に氷が入っているので、これは気になります。ただバンコク旅行も10回目となり、腸内細菌もバンコクの環境に慣れたのか、おなかが緩くなることはなくなりました。

2.血圧

 当然血圧の薬を持参し、毎日飲んでいますが、暖かいせいか下がり気味だなと感じます。ストレスや疲れがなければ、そして長期滞在になればなるほど血圧は安定すると思いますので、出来れば寒い冬場は日本を数ヶ月抜け出したいなと感じます。

3.熱中症

 寒い日本から来ると、これが一番危ないですね。3日ほど前、市街を歩いていたら軽い目眩を感じてびっくり。「どうしたんだろう?」と考えて、水分不足に気がつきました。

 暖かい場所で、知らずに汗をかいていたのに、体のセンサーが寒い日本のままで、いつの間にか熱中症になりかけていたようです。

 慌てて昼食時に水をがぶがぶ飲んだら、夕方には回復。やはり水不足だったんだなという思いを強くしました。

4.腰痛

 日本で軽い腰の張りを感じていたので、こちらに来てどうかなと思っていたのですが、少し良くなりました。やはり暖かい方が良いのかなと思いますが、もしかすると街中をいっぱい歩いているせいかもせれません。

 海外旅行は楽しいのですが、年々持参する薬の量も増えているみたいです。それでも動ける間はあちこち見て回りたいという気持ちが強いです。
関連記事


 

Pagetop

トラックバック

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


検索フォーム

全記事表示リンク

フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
635位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
136位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。