FC2ブログ
HOME   »  インフルエンザ、風邪  »  第1114回 いつもの診療所で咳止めを処方してもらいました

第1114回 いつもの診療所で咳止めを処方してもらいました

 昨晩実家の母親から電話があって、いつもの診療所に今日行きたいというので、私もちょうど血圧の薬がなくなってきたので、車で送迎ついでに私も受診。

 血圧が寒いせいか珍しく156/86と上が高かったです。もしかすると勝手に飲んでいる咳止めのせいかなと思いましたが、医者にはその事を告げず、治りかかった風邪で咳が止まらないと訴え、医師の判断による薬を処方してもらいました。

 医師の話に寄れば、痰を溶かし咳を止める薬だと言うことで、一つがフラベリック 20mg。毎食後1錠ずつ。

 ネットで効能を調べてみると、風邪、気管支炎などの咳症状の改善と書いてあります。まあ以前も飲んだことがある薬なので、副作用等は問題ないと判断しています。

 もう一つがムコダイン錠 500mg。気道粘膜調整作用、粘膜正常化作用があり、痰を出しやすくするそうです。気管支炎、喘息等の去痰に良いそうですから、現状の症状にはぴったり。

 どうやらこの二つの薬は風邪をひいた後の咳には、良く処方される見たいですね。実際多数の方がこれらを利用しているようです。

 その意味では安心できる薬の組み合わせであるといえそうです。特にネットではムコダインを服用すると数時間で咳をしたときに痰が切れやすくなる作用をはっきり認識できると書かれています。

 というわけで、今日はの夜は少し楽に寝ることが出来そうです。と言っても寝入ってしまえばほとんど咳は関係ないのですが。

 咳が長引いていたので、ちょっと外出等が億劫になっていたのですが、少し見通しがつき、ここ数日吹いていた冷たい北風も収まってきたので、今日はカメラと歩数計を持っていつもの河川敷をウォーキング

 「カワラヒワ」を何回か見かけましたが、すばしこくて撮影できず。遠くの方に鵜がいたので、写真は撮りましたが、たぶん遠すぎて良く分からない写真になっていると思います。

 それでもあちこち薮に分け入ったり、水辺を覗いたり、通常のコースとはちょっと違う踏み分け道を歩いたりしたので、帰ってきて歩数計を見たら6500歩を越していました。

 このぐらい歩くと結構気持ちも良いです。心なしかお腹も減ってきました。あと少ししたら夕飯準備。今日は自家製の白菜と大根、スーパーで買った鳥のひき肉で鶏団子を作って、鍋の予定。安上がりかつ栄養は充分と思っていますがどうでしょうか?
  
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。