FC2ブログ
HOME   »  インフルエンザ、風邪  »  第1121回 海外でひく風邪は症状が重くなる?

第1121回 海外でひく風邪は症状が重くなる?

 寒い毎日が続いています。今日は「大寒」です。「大寒」というのは、特定の日を指す場合と、時期を意味する場合があるようです。

 時期の場合は、今日から2月3日までを大寒の期間として、最も寒い時期と定義しています。と言うことは、2月上旬まで寒さに耐えれば、基本的にはそれ以後徐々に暖かくなる日の割合が増えると言うことです。

 そう思ってふと太陽の日の出日の入り時刻を気にしてみると、徐々にではありますが一時期より少し昼の時間が長くなっています。

 今年の冬はストレスが少ないことはもちろんですが、冬場の室内でのラジオ体操秋口の速歩ウォーキングの効果があったのか、血圧はなんとかコントロールされていて、これは良かったなと思っています。

 ところが年初にひいた風邪をこじらせ、咳が長引いているのにはまいりました。もうすでに2週間ぐらい咳が続いています。

 原因はもちろん私の風邪に対する認識の甘さで、最初の症状を感じたときに、きちんと最後まで治さなかったことにあると思っています。

 一方、そもそもこの風邪をどこでひいたのかと言うこともちょっと気になっています。

 というのも、年末に寒い冬から暑いバンコクに行き、疲れた体を引きずって、毎晩のように夕食でビールを飲み、火照った体でエアコンを付けて寝ると言うのを繰り返していましたので、ある意味風邪をひくのは当たり前という状況でした。

 実際、一般に風邪の潜伏期間は5日前後と言われているので、それを考慮すると、年初に風邪の自覚症状があったということは帰国間際に風邪をひいたという計算になります。

 さらにもう一つこれは信憑性があるのかどうか分からないのですが、海外でひく風邪は、日本国内で蔓延するような風邪のウイルスと微妙に型が違うのではないかと疑っています。

 つまり風邪のウイルスはどんどん変異しますから、その国特有の風邪のウイルスがあり、そういったウイルスに対する免疫があまり出来ていない他国の人間が感染すると、症状が通常より重くなるのではという疑いを持っています。

 幸いにも今は咳の症状もほとんど治まり、今日は先ほど寒い中いつものウォーキングコースを歩いてきました。途中、特に咳き込むこともなかったので、先ずは安心。

 旅行中はついつい羽目を外して遊び回ってしまいますが、加齢に伴って旅行中は体調管理に気をつけないといけないという教訓を得る事になりました。

 次回は2月に旅行を予定していますが、体調を整え、今回の教訓を生かそうと思っています。
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。