FC2ブログ
HOME   »  アレルギー、花粉、喘息  »  第1131回 やはり花粉はすでに飛んでいるようです

第1131回 やはり花粉はすでに飛んでいるようです

 以下の記事を読み返していて、どうやらこれは間違っていそうだと思えてきたので、まとめて訂正したいと思います。
まず花粉の飛散時期ですが、早い方からハンノキ、スギ、ヒノキになるようです。調べ方が中途半端でした。

 従って私の花粉症はヒノキではなく、ハンノキに反応していると考えた方が良さそうです。そして息子の方はスギやヒノキにはんのうしているということのようです。

 一昨日の1月29日の記事でヒノキの花粉に反応しているようだということを書きました。「もしかしたら花粉かも」と思ったのが28日です。

 そこで29日に記事として書いたわけですが、この日も感じています。

 今日は風が強いので、花粉が舞っていたら嫌だなと思ったので、買い物のために駐車場からスーパー入口へ移動するまでの時以外、戸外には出ていません。

 従って今日の情報は分かりません。

 そんな中、ヤフーニュースを見ていたら、朝日新聞の記事で、環境省が今年のスギ・ヒノキ花粉の飛散量や飛散時期の予測の第2報を発表したと書かれています。

 それによれば今年は昨年より飛散量は少ないものの、飛散する期間が長くなり、そのためピーク時期も早まると予測しているそうです。

 現在予測されているピークは、関東で2月下旬となっています。しかし私はすでにその兆候を感じていますので、「なんか実態に合わないな」と思っていました。

 そこでさらに花粉に関する情報を調べてみると、「ウェザー・ニュース」というページが花粉飛散の実態を報告していました。

 早速今日の埼玉県の状況を見てみると、県内の東半分の地域で観測ポイントがあって、我が家から比較的近い川越近辺では、かなりの飛散量が観測されているという結果が出ていました。

 さらに公開されているビデオを見ると関東地方で花粉が飛び始めたのは先週の木曜23日あたりからだという解説でした。

 と言うことは、私が花粉を感じたというのはほぼ間違いなさそうです。従って今飛散しているのは「ヒノキ」。なぜそう断言出来るのかというと、スギ花粉に反応する息子が、何も言わないからです。

 また先日調べたように、最初にヒノキ、その次がスギという順番になることが分かっています。

 というわけで、今関東圏で花粉を感じている人のアレルゲンはヒノキ、この後感じる人はスギということになりそうです。

 ただしヒノキはスギよりも早く終わりますので、周りの人より早く終わればヒノキのみ。4月ぐらいまで長期間継続した場合はスギとヒノキの両方ということになりそうです。

関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。