第1133回 花粉観測機「ボールンロボ」は販売されていないようです

 朝はどんよりと曇っていて気分的にも冴えないなあと思っていたのですが、いつの間にか青空が戻ってきました。先ほど自転車で10kmほど河川敷を走ってきました。

 南風が吹いているせいか、気温は上昇気味ですが、南に向かうときは向かい風となり息苦しいです。幸いにも今日はそれほど花粉を感じません。

 花粉情報を見たら、今日は埼玉の東半分はほとんど花粉無し。これもやはり風のせいでしょうか?それとも午前中曇っていたので太陽光の影響でしょうか?(西半分は観測機械そのものがないみたいです)

 先日の花粉の地図を見ていたときも思ったのですが、花粉が飛んだといっても、それが特定の地域に片寄っていることがあります。

 花粉そのものは、風が吹けばあちこちに飛んでいくような気がするのですが、実際に観測機械で濃度分布を見るとムラがあるのが不思議です。

 それはそれとして、上記のデータの元になっているのが、ウエザーニューズが各家庭に「ボールンロボ」という観測機械を配布、設置して、それをもとにしてデータ集計です。

 この「ボールンロボ」、実に可愛らしい。うまいデザインだと思います。軒下にてるてる坊主のようにぶら下げておくだけで、その色によって花粉を自動観測。

 さらにネット回旋で情報を伝達というハイテク機器です。

 花粉症患者を抱えるご家庭なら、この機械是非1台設置したいと思うのではないでしょうか?しかしどうやったら設置希望を出せるのか、いろいろ調べたのですがよく分かりません。

 悔しいので、それに変わるような観測機はないのかとアマゾンと楽天市場で調べてみましたが、見つからず。どうやらボールンロボ自体、販売もされておらず、またそれに変わる観測機器もなさそうです。

 しかしこの機械、PM2.5にも対応していると言うことですから、売り出せばものすごい売り上げになるような気がします。(受注生産なのかもしれません)

 特に中国あたりではさらに需要があると思います。そうなると大量生産で価格も下がり、一般の人も購入できるようになるのではと期待しています。

 こんな機械が軒先にぶらさがっっていれば、出勤するときこれを見てマスクを持参するかどうか決められそうです。

 
関連記事


 

Pagetop

トラックバック

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


検索フォーム

全記事表示リンク

フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
899位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
192位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。