FC2ブログ
HOME   »  高血圧  »  第1140回 「ヨガ」は炎症を抑え、血圧を下げる?

第1140回 「ヨガ」は炎症を抑え、血圧を下げる?

 健康に関するメールマガジンを読んでいたら、高血圧患者に「ヨガ」が良いという記事がありました。

 早速内容を読んでみると、「ヨガをすることで人はリラックスし、心拍数が低下する。これは高血圧患者に大変良い効果だ」と書かれています。

 この文章だけ読むと、なんだ要するに健康法の一つだなと思ってしまいますが、この記事では効果を確かめるために実際に、それまでヨガを実践したことのない乳ガン克服後の患者200名を対象に客観的な調査を行ったと書かれています。

 それによれば200名を半数に分け、100名は何もしないグループ、もう100名はヨガを行うグループに分け、その後の感想を調査。

 結果はヨガを実践したグループの方が疲労を感じず元気だと感じる人が多かったと言うことです。

 しかしここまでは主観の話しですね。実際にヨガを実践すれば、何らかの心理的効果があり、きっと体にも良いだろうという前向きな意識も出てくると思います。

 そのため、実際に体調がそれほど変化していなくて、元気になったと思いこみたい心理的要件があるように思えます。

 ところが、この実験?ではそういった主観的な記述だけでなく、炎症マーカーとして知られる3種類の血中タンパク質の濃度を比較したとのことです。

 これが多いと体内で何らかの炎症が起きていると言うことになるみたいですが、ヨガ実践グループはこの値が実践しなかったグループより10~15%低下したと書かれています。

 当然ヨガの効果だと思われるわけですが、では何故低下するのかという疑問になると、これは推測にしかならないようです。記事では、ヨガによって「ストレスが減った」「睡眠の質が改善した」事によって、体内の炎症が減ったとされています。

 ストレスが減れば、当然高血圧にも良いと思われます。私は過去に血圧低下を目指して「大挙拳」をやろうと思い、DVD付きの書籍を購入して実践したこともありますが、DVDだけでは動きがよく分からず、結局数か月で挫折。

 ヨガの方が動きが静的に思えるので、もしかするとやりやすいかもと思うようになってきました。今度図書館に行ったとき、ヨガの本でも借りてこようかと思っています。

 ただ徐々に暖かくなってきていますので、今後は室内での太極拳やヨガよりも、外に出かけてウォーキングやサイクリングの方が、良いような気もします。 
 
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。