FC2ブログ
HOME   »  アトピー性皮膚炎  »  第1151回 コーヒーの砂糖でアトピー症状?

第1151回 コーヒーの砂糖でアトピー症状?

 ここのところ風呂に入って血液循環が良くなると、足首周辺がムズムズしてきて痒くなると言う現象を感じていました。昼間はそうゆうことはありません。寒いせいで逆に血行が悪いせいでしょうか

 風呂の中で足首を持ち上げて、目の前にかざしてみると、赤い点々が見えたりして、これはやはり一種のアトピーだなと感じました。
 
 これまでの私の経験によれば、人体は、体の中に自分にとって異質なものが入り込むと、それを外に出そうとする作用があるのではないかと思っています。

 異質なものと言うのは、別に病原菌やウイルスに限ったことではなく、化学調味料や食品添加物、さらには通常の香辛料や食べ物の中に含まれているごく普通の成分といっても良いと思います。

 つまりアトピー的な体質を持っている人は、通常の食べ物であっても、それを異質なものだと体内の免疫細胞が勝手に判断する傾向が普通の人より強いのではと思っています。

 で判断されたそういった物質は、尿や便から通常は排出されるのだと思いますが、それ以外に皮膚や粘膜からにじみ出る場合があるのではと私は考えています。

 (お肌は排泄器官なんて言うキャッチフレーズで、テレビのコマーシャルをもやっているように記憶しています)

 当然体が勝手に異質だと判断したわけですから、にじみ出た皮膚や粘膜表面の細胞周辺で、何らかの炎症反応が起きることが予想できます。

 もしこれが胃壁で起きれば胃炎症状、気管支で起きれば喘息、そして皮膚で起きればアトピー性皮膚炎と判断されるのかなと思っています。

 というわけで冒頭の話しに戻るのですが、最近の生活でこれまでと著しく違う食べ物を食べ続けているかどうかと言うことをちょっと考えてみました。

 実は当初はバンコクやケアンズに行って、ハムやソーセージを食べる機会が増えたためではないかと疑っていました。今でもその疑いは持っていますが、もう一つ思いついたことがあります。

 それはコーヒー。こういったブログ書きの合間にコーヒーを飲む機会が増えているなと思っています。で、コーヒーだけなら良いのですが、私はそこに一応体に良いと思って「キビ砂糖」を入れます。

 当然ながら毎日のようにコーヒーを飲めば、かなりの砂糖が体内に入ります。今日もこのブログを書きながら飲んでいます。 影響を知るにはしばらく止めてみるのが一番。明日からは紅茶にしようかなと思っています。
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。