FC2ブログ
HOME   »  ★健康管理  »  第1183回 「ドクターX」というDVDを見て感じたこと

第1183回 「ドクターX」というDVDを見て感じたこと

 3月にバンコクに行きましたが、飛行機はANAでした。機内での暇つぶしは、私の場合ビールと読書、それに液晶ディスプレイで見る映画やゲームです。

 でこのとき、たまたま最新作の映画はほとんど見てしまっていたので、たまには違う分野のものでも見るかと思い、日本のテレビドラマを見てみました。

 かなりの本数があったのですが、その中で私が選んだのが「ドクターX」という、2012年ごろに放映されたらしい一匹狼の外科医を描いたドラマ。ご存知の方も多いかもしれません。

 私はテレビはニュースと囲碁将棋、そして笑点ぐらいしか見ないので、ちょっと新鮮でした。

 内容は超絶技巧の持ち主の女医さんが、旧態依然たる固定観念に縛られた医師たちや、病院長という権力と名誉を得ようとして四苦八苦する教授たち、患者そっちのけで病院を営利企業として考えている経営者たちに、次々と新しい視点からショックを与えるというもので、なかなか痛快な筋書きです。

 機内では一番最初の第1作しか見ることが出来なかったので、帰国後ぜひ続きを見ようと思っていたのですが、なかなかその機会がありませんでした。

 ところが先日そのDVDをついに発見。とりあえず第一シリーズの4枚を一挙に視聴。今は第二シリーズも出ているので、ここ数日夕食後はそればっかり見ています。

 所々専門用語がちりばめられていて、いかにも最先端医学という感じですが、根底に流れているのは患者の命が最優先という、ごくごく当たり前の理念です。

 しかし実際には権力や地位、名誉、金、女というものに執着し、他人の病気を自分のために利用するという輩がひじょうに多い、という筋書きになっています。

 話し変わって、昨日母親から血圧が高いといわれ、そのときは「季節的なものだからあまり心配しないで、水を飲んで寝ていれば下がってくるよ」とアドバイス。夕方に再度電話をしてみると、「少し下がった」ということで安心しました。

 やはり不安が不安を呼んで上がってしまうのではと思っています。

 一方私自身は深夜の激しい動悸で目を覚まし、結局水を少し多めに飲んだら落ち着いたと書きましたが、母親から訴えられる血圧の180/110と、私自身が自分の血圧が180/110であると分かったときの感覚はかなり違うなと感じました。

 はっきり書いてしまえば、やはり肉親であっても、自分でその症状を感じていないので、インパクトは弱いということです。しかし自分が動悸を感じて血圧が高そうだと感じると大きな不安を伴います。

 それだけ他人の場合は冷静に症状を観察できるということかもしれませんが、それが医者の場合、上のDVDの例と同じで、所詮病気なんて他人事。自分自身が同じ病気にならないと、なかなか患者の気持ちなんてのは分かってもらえないんだろうなと感じました。
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。