第1184回 心電図の警告音に70分間気がつかず、高齢者が・・・・

 昨日のヤフーニュースだったでしょうか?心電図の警告音が70分間鳴り続けていたことに誰も気がつかず、結局容体が急変し亡くなった方がいた、という記事を読んで複雑な思いを持ちました。

 私は今から35年以上前に教員になりました。初めて採用された高校は定時制高校で、昼間は働き、夜5時半から9時近くまで学校に来て勉強をするという子供たち(私より年齢が上の方もいました)を教えました。

 私は大卒でしたが、生徒の基本的な資格は中卒です。従って専門の理科の知識は、私が勝っていましたが、当然ながら人生経験においては、生徒のほうがはるかに勝っていて、いろいろ教えられました。

 そんな教え子の中には、地方から上京して准看護士として働いている女子生徒も何人かいました。授業の合間や休み時間、定時性特有の給食時間等に彼らの就業実態を聞いたことがありましたが、ともかく大変の一言です。

 夜勤明けに昼間仕事をして、そのまま学校に来るなんてことが普通にあったようで、要するに24時間ほとんど眠らず、仕事と学業を続けるということです。そんな彼らが授業中に寝ている姿を見ても、私にはそれをとがめる勇気がありませんでした。

 結局日常的にそういった苦労を積み重ねるため、卒業生は入学時の半分残っていれば良いほうでした。なんともすさまじい教育現場だなと感じていましたが、逆に卒業式のうれしそうな姿は、全日制の卒業式の比ではありませんでした。

 そういった観点から、今回のニュースを見ると、当直の看護師さんは3人で、41人の入院患者と対応と書かれていて、いくら深夜とはいえ、5人の容体が同時に変化したら対応できないだろうなと感じました。

 県立の医療センターですから、それなりの待遇で人も揃っているのかなと思えますが、結局病院も最後はコストの問題があり、人件費という観点から、人はなるべく少なくという経営方針にならざるを得ないのかなと思え残念です。

 私の妻が悪性リンパ腫で入院したとき、最初の頃の病室はナースステーションに近い場所だったため、深夜まで看護師さんが動き回っていて、なかなか眠れなかったと言っていました。

 つまり一晩中ほとんど休むことなく働いているということで、その労働環境に頭が下がります。と同時にそのような病院が多数存在するんだろうなと思うと、これから先の超高齢化社会はどうなるんだろう?と心配になります。

 もちろん今後の自分自身の体力や衰えの状況にも寄りますが、場合によっては海外移住と同時に海外で最後を迎えるという選択肢もあるのかなと思えるようになって来ました。

 今後こういった問題がニュースになるたびにこのことを思い出しそうです。
関連記事


 

Pagetop

トラックバック

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


検索フォーム

全記事表示リンク

フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
635位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
136位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。