FC2ブログ
HOME   »  ★健康管理  »  第1186回 年間で亡くなる方が増える時期はいつ?

第1186回 年間で亡くなる方が増える時期はいつ?

 土日はひたすら家庭菜園で苗を植えていました。最近は農協あたりで、時期が来ると一斉にしっかりと育った苗を売ってくれるので助かりますが、これが以外に高い。逆に言うと農家の方の副収入になっているのでとも思えます。

 しかしこれだけ立派な苗ですから、土地さえあれば、あとは適当に草を刈るだけでも、結構様々な野菜が出来ます。ということは逆にこの地域の農家の方の生産物が売れないということにもつながりそうで、痛し痒しの雰囲気もあるのかもしれません。

 というわけで、定番野菜の、キューリ、ピーマン、枝豆、トマトを植えました。植えるだけなら1時間もあれば出来てしまうのですが、その後風除けのビニールを張ったり、キューリのために支持棒を組み合わせたりとやることがいろいろあります。

 さらに今週はまとまった雨が降るようなので、その前にある程度の除草もしておかなければならず、かなりの運動量です。

 しかし畑で数時間過ごしていると、夜のビールはうまいし、睡眠も深くなり熟睡。やはり体を動かすことは大事だなと思います。

 それはそれとして、先日母親の通院に付き合って、往復車で送迎しましたが、車内で私が「春先は体調不良が誰でもあるから気にしないほうが良いよ」と言うと、「この春は天候不順だったせいか、近所で亡くなる人がいっぱいいたようだ」と言います。

 まあ母親にとっては数名でも「いっぱい」という表現になりますから、多少差っぴいて話を聞かないといけないと思っていますが、確かに春先の体調不良で、場合によっては亡くなると言う方もいるようです。

 そこでちょっと気になったので「高齢者の月別死亡者数」という統計が無いか調べてみると、ちゃんとネットに出ています。

 ただ厚労省のページは分かりにくいです。それらを解説したページの一つに鹿児島大学のページがありました。ここにひじょうに分かりやすいグラフが出ているのですが、これを見ると一目瞭然。

 死亡者数が多いのは12月から4月ぐらいまでです。5月から11月までは、最も多い1~2月の8割ぐらいに減っています。

 さらに一番少ないのは9月で、最も多い1月の7割ぐらいです。ということは統計的に見れば4月を過ぎると体調は徐々に安定し6月から10月まではひじょうに安定するじきだと言うことです。

 これは私自身の血圧や体調不良を感じる時期と完璧に一致します。逆に言えば、11月から4月までは、高齢者が特に注意を要する時期だということになります。

 ということは我が家の母親も、このゴールデンウイークが終わる頃から落ち着いてくるのかなと期待しています。

関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。