第1190回 ベトナムの養殖エビから規制値を越える抗生物質を検出

  体調良好で、新しく購入したスニーカーでウォーキングを楽しんでいます。と言っても普通のスニーカーでウォーキング専用ではないため、履き心地は良いものの、歩き心地は必ずしも良いとはいえません。しかし以前のボロスニーカーよりは、はるかに歩きやすいです。

 ウォーキングは第一に健康を目的にして行っているものですが、私自身旅行が好きなので、旅先であちこち歩き回ることも想定しています。

 前回の3月のバンコク旅行では、万歩計を持参して実際に測定してみましたが、大体毎日5000~15000歩歩いていましたので、旅行と言うのは体力を使うんだなと、改めて確信しました。

 それはそれとして、夜の飲み歩きが面白くてバンコクに通っているわけですが、ご存知の通り政情不安がここ数年常に取りざたされています。まあ旅行者は、もめている地域に近づかなければ安全だとは思っていますが、突然いざこざが大きな暴動に発展するなんてことも考えられないわけではありません。

 そんなわけで、実は6月にも再びバンコクに行く予定で航空券を確保したのですが、このところまたインラック首相の退陣問題が起きていますので、この方面のニュースについて関心を持ってみていました。

 すると昨日ですが、これはバンコクの政治とはまったく関係ない領域ですが、「ベトナム産のエビから高濃度の抗生物質」というニュースが出てきました。

 オキシテトラサイクリンという抗生物質だそうですが、これが基準値以上の高濃度だったということです。テトラサイクリン系抗生物質の一種類だそうですが、安価であるため様々な感染症予防のために、飼料に混入させることがあると言うことです。しかし頻繁に利用される機会が増えたため、逆にその耐性菌も増えてしまうという弊害もあるそうです。

 今回はベトナム産のエビから検出されたので、現在インドネシア産やインド産のものに切り替える動きがあるようですが、こういった抗生物質の使用は、いわゆる養殖業では避けて通れないものなんだろうなと思えます。

 ちなみにオキシテトラサイクリンを含む食品を食べた場合どうなるのかと言うのが気になるところですが、薬関係では皮膚感染症の治療薬に使われているみたいですから、それを食べると言うことはあまり好ましいものではないように思います。

 というわけで、今スーパーに行くと、鮭やサーモン、エビ、ぶり、ウナギといった魚介類のほとんどは養殖ものですから、これらを食べていると必然的に体内にこういった抗生物質を取り込むことになってしまうのかなとも思えます。

 その意味では天然ものが安全だと言うことになるのですが、そもそもエビ等は天然ものがほとんど売られていないような気がします。

 特定の1品目なら規制値以内であっても、様々な養殖ものを食べ続ければ、体内に入る意図しない抗生物質の総和はかなり大きなものになるような気もします。

 そういったことも含めて規制値が作られているのだと思いますが、アレルギー持ちの私としてはやはり気になります。しかし今の時代はこういったものを避けることはおよそ不可能です。

 私もたまに回転寿司に行くと、ついエビ類に手が出てしまいます。回転寿司の寿司だねについても一時期話題になったことがありましたが、食の安全性の確保は本当に難しい問題だと思います。

 
関連記事


 

Pagetop

トラックバック

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


検索フォーム

全記事表示リンク

フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
635位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
136位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。