FC2ブログ
HOME   »  腰痛  »  第1204回 腰痛の気配を感じるようになりました

第1204回 腰痛の気配を感じるようになりました

 暖かくなってきて、血圧は正常値を維持(もちろん降圧剤を飲んでいますが)してまずまずの体調だなと思っていたのですが、どうやら腰痛の気配が・・・。

 腰痛と言うと、我が家では母親が現在悩まされていて、医者から痛み止めをもらってますが、お尻のあたりに痛みを感じると言います。

 「お尻なんて筋肉の塊だから痛くなるわけ無いじゃん」と最初はあまり本気にしていなかったのですが、どうやら本当に痛いらしく、医者にも頻繁に訴えるようになりました。

 先日は医者が整体の処置をしてくれたようで、その後数日?ぐらいは痛みが取れたようですが、けっきょくまたぶり返しています。

 整体で痛みが取れて、再びぶり返すと言うことは、体がゆがんでいるということの表れのように思えたので、ストレッチと運動をするしかないよ、と伝えていたのですが、どうやら同じ症状が私の体にも起こり始めているような気配を感じます。

 改めて腰痛という痛みの症状ではないものの、腰から下の症状で普段とは違う初期症状を振り返ってみると、疲れたときに歩いていると、時々ですが右足のつま先が地面や床にひっかかるという症状がありました。

 一過性のもので、「疲れているからだ」と気にもとめていなかったのですが、今改めて「腰痛」の原因が体のゆがみにあるとすると、こういった「つまづく」という現象も、初期症状の一つだったのかなと思えます。

 不思議なことにウォーキング中にはこういった症状はめったに感じません。なにげなくふらふらと歩いて気を抜いているときに、かくっと引っかかる感じです。

 そういった症状は、振り返ってみると2年ぐらい前から数ヶ月に一度ぐらいあったように思います。

 そして現在ですが、右の腎臓の後ろ辺りからお尻の骨盤の上辺りが張っているなという印象です。「張っているな」という感覚と「腰痛」は違うと思っていましたが、その後今年になってまさに母親と同じ右のお尻の上辺りにときたまピリッという痛みを感じるようになりました。

 最初のうちは、「おっ、この痛みはいったいなんだ?」と思っていたのですが、母親の症状を振り返ってみると、どうやら似たようなことが起きているのではという認識に至りました。

 しかし60歳を越えるまで腰痛とは無縁の生活を送ってきましたので、この先腰痛に悩まされるのかと思うと、ちょっと気持ちが暗くなります。

 とりあえず、夜寝る前にベッドの上でストレッチをしたりしていますが、どの程度効果があるのかは不明。しかしここ一ヶ月ぐらいで徐々に「張っている」という感覚がはっきりしてきましたので、これは本腰を入れて対策を練らないといけないなと思うようになって来ました。

 というわけで、これからしばらく腰痛の話が続きそうです。


関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。