第1227回 熱中症になりかけたようです

 今年は、春先からものすごい雨が降ったかと思うと、その後は日照りが続いたりして、全体的な気温は低めでした。

 アトピーで質の良い野菜を食べたいと思って、家庭菜園をやっていますが、こういった天候不順の影響は、露地栽培なのでもろに出ます。

 ジャガイモは、育ちかけた頃長雨が続き、掘り出してみたら小粒が多い。トマトも雨量が多く、表面がひび割れるものが続出。普段なら赤くなると野鳥がついばみに来るのですが、出来が悪いのか野鳥も来ません。

 他にもいろいろ影響を受けていますが、ともかく今年は変だなというのが、周辺で同じような家庭菜園をやっている人たちの共通認識でした。

 7月に入り、台風が通過し、そろそろ梅雨明けだろうと思いつつ曇り空を眺めていましたが、九州が開けたと思ったら、次の日には関東も梅雨明け。同時に想像を絶するような猛暑が押し寄せてきました。

 これまでそれほど高い気温の日が少なかったため、各地で熱中症患者さんが続出。それでも私は普段から暑い中で家庭菜園の世話をしたり、ウォーキングをしたりしていたので、まあ大丈夫だろうと思っていました。

 実際昨日も室温34℃という中でブログを書いていたりして、暑い方が体調はいいなと思っていたのですが、体の方は徐々に疲れがたまってきていたようです。

 今日も「暑いなあ」と思いながら、適度に水を飲みながらブログを書いていたのですが、昼過ぎに異変を感じました。最初の兆候は軽い頭痛。次が胃の重さ。

 「なんか変だぞ」と思ったので、急いでさらに水分を補給しましたが、その後も何となく気分が悪い。しかも心なしか汗の出も悪い。これは間違いなく「熱中症」になりかけていると判断し、エアコンのないパソコンのある部屋からリビングに移動。

 急いでエアコンを稼働し、少し横になって昼寝をした結果、今は特に異変は感じていませんが、ちょっと危険な兆候でした。

 「これまでは大丈夫だったから」なんていう過信は禁物のようです。またたとえ室内であっても「熱中症」になることがあるとテレビのニュースでよく言っていますが、実際あり得るなと思いました。

 というわけで、その後はリビングで本を読んだり、旅行に持ち運ぶ小さなノートパソコンを使って、このブログを書いたりしています。

 しかしこの気温に慣れてしまうと、今度は外出が辛いです。そろそろ夕食の用意をしないといけないのですが、買い物に行くのがおっくうです。

 今日は日が沈んだ頃を見計らって、ゆるゆると出かけようかと思っています。
関連記事


 

Pagetop

トラックバック

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


検索フォーム

全記事表示リンク

フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
899位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
192位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。