FC2ブログ
HOME   »  ★最近のニュース  »  第1232回 日本の国土で安全な場所はない

第1232回 日本の国土で安全な場所はない

 昨日夕方4時に帰国しました。成田空港の税関を過ぎ、空港ビルから1歩出たときの熱気たるや、「はあ~、またこんな環境で生活するのか~」と思わずため息が出ました。

 ともかく蒸し暑い。ぬるいサウナのような熱気が皮膚にまとわりつき、今日あたりから、軽快していたアトピーの痒みを感じるようになりました。

 ハワイの最高気温は31度ぐらい、最低気温はハワイ島のヒロで20度ぐらい、ワイキキで23度ぐらい。ヒロの湿度は、雨が多いせいもあって、日本とよく似ているなと感じました。

 しかし20~30度ぐらいの範囲ですから、過ごしやすさは比較になりません。昔のことを言ってもしょうがないのですが、私は小学生の頃都内に住んでいましたが、夏の最高気温は30度前後だったと思います。

 今日はものすごく暑い、と感じたときでも33度ぐらい。しかもそういう日は夕方になるとモクモク積乱雲が発生し、ピカっと来たかと思うと激しい音が聞こえ、土砂降りの雨。

 ただ雨は長く続かず、せいぜいが30分ぐらい。その後は虹が見えたりして、虹の根元に行こうと追っかけまわした記憶があります。

 多少記憶も美化されているとは思いますが、それでも当時に較べると明らかに気温は上昇しています。

 ハワイには、すでに20年ほど通い続けていますが、20年前に見たワイキキの青空は、今はなくなっています。以前はクリアだった大気も、ほんの少しですが、遠くの景色がかすむように見えるようになり、写真を撮影すると画像の透明度が違って見えます。

 今年の前半はワイキキも雨が多かったようで、いつもは夏はまっ茶色になっているダイヤモンドへッドの裾野が、緑色をしていました。

 今回の旅行では、ヒロ滞在時に台風が直撃するという経験もしました。ハワイでは実に22年ぶりの上陸だそうで、これもまた、これまでにあまりなかったことです。

 一方昨日は、広島県で豪雨災害が起きたようで、これまた今日は識者がいろいろな意見を述べていますが、ともかくこれまでの経験や常識が通用しない災害が起きる可能性が、日本全体で高まっているなと感じています。

 このブログは健康になることを目的として書いているブログですが、健康と同時に最近は気象災害にも目を配らなくてはいけないなと思うようになっています。

 これまでは自治体の判断で避難等を行っていたと思いますが、今後は自分の身の回りの自然現象をよく観察して、必要に応じて自分で判断して避難等を行う必要があると思われます。

 今日もこの後大気が不安定になると気象庁が言っています。このあたりは関東平野で地盤も比較的しっかりし、治水工事もきちんと行われていますが、突風や竜巻の場合事前の予測は難しいです。

 また落雷による大規模停電や、大雨で排水が間に合わずに洪水が起きるなんてことも考えられます。一人一人があらゆる災害の可能性を検討して対処しないといけない、ややこしい時代になったなと感じています。

関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。