FC2ブログ
HOME   »  ★健康管理  »  第1238回 夏から秋にかけて夜のトイレの回数が増加

第1238回 夏から秋にかけて夜のトイレの回数が増加

  昼間太陽が顔を出すと紫外線が強いなと感じますが、夜になると20数℃まで気温が下がり寝やすくなりました。ところがこの夏から秋に向かう時期は、ここ数年、夜トイレに行く回数が1回から2回に増えます

 だいたい朦朧とした状態で行くので、終わった後はそのままベッドにもぐりこみ、すぐに寝てしまうことが多いのですが、明け方だとそのまま寝付けないということもあります。

 どうしてこの時期はトイレの回数が増えるんだろうと考えてみて、昼間は暑いのに夜は涼しいという気温差に関係しているのではと思いつきました。

 つまり昼間は暖かいので、水分を結構とります。ところが夜は涼しいので、本来なら汗となって蒸発するような体内の水分が、蒸発せずに残っていることになります。

 従ってこの分が余計に存在するわけで、これを排出しないと水分過多になりそうです。そこで腎臓がせっせとはたらき、トイレへの回数が増えるのかなと考えました。

 また加齢と共に、膀胱周辺の組織の弾力性も失われるようで、若いときのようにたくさんの尿を溜め込むということが難しくなります。ということはこまめに排出しないといけないということです。

 さらにもう一つ気がついたことがあるのですが、それは夏から秋に向かうときは、寝るときはまだ暖かく深夜になって冷えてきます。その結果寝るときの寝具は薄いのですが、寝ているうちに周囲が冷え、その結果下半身も冷えてしまうということが、ますます組織を硬くして、貯蔵する尿量が少なくなるように感じました。

 実際、トイレに行かなくちゃと思って起き出してトイレに行くと、思ったほど出なかったということを、明け方のトイレで何回か経験しています。

 季節的には猛暑の夏から涼しい秋になり、体調管理は楽になったなと思いがちですが、暑さから寒さに切り替わることによって、体のほうには、いろいろな負担が知らないうちにかかっているようです。

 さて、それはそれとして、5日ぐらい前から、早朝ウォーキングで歩いていると、時々気管支に違和感があり咳が出るようになってきました。

 今日はすでに部屋にいるときでも感じます。これはやはり花粉?という気がしています。実際同じ道を歩いている二人連れのおばさんが、「喉がおかしいのよね」と言いながらすれ違っていきましたから間違いないと思います。

 ちょうど彼岸花が咲き始めた時期に一致していますが、調べて見るとイネ科の植物、ブタクサ等が該当するようです。また例年のことですが、冬に向かってしまいこんでいた布団を、そのまま使うとダニ等が繁殖している場合があり、喘息症状が出ます。

 空が晴れ渡れば気持ちの良い季節ですが、体にとっては何かと負担がかかる時期のようです。 

関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。