FC2ブログ
HOME   »  ★最近のニュース  »  第1252回 エボラ出血熱で回復する人はどんな人?

第1252回 エボラ出血熱で回復する人はどんな人?

 昨日の記事を書き終わってから、羽田空港でエボラ出血熱を疑われる方が病院に搬送されたという記事を見てびっくり。ついに日本も・・・と思いつつ、検査結果は本日早朝というニュースを見て就寝。

 朝起きて、すぐにニュースで顛末を確認。どうやら陰性だったようで本当に良かったです。しかしこういったことが今後も起きるんだろうなあという気はしていますので、やはり病気への知識も必要だろうなと考えています。

 ここまでいろいろなニュースを見たり読んだりして分かったことは

・ 潜伏期間が3日から2週間ぐらい
・ 潜伏期間中は感染する心配はない
・ 感染経路は患者の血液や体液、唾液、嘔吐物、便に直接触れること

 ここまでは納得できました。しかし

・ 咳やくしゃみによる飛沫感染については、感染しない。また咳やくしゃみはこの病気ではあまり症状としてあらわれない。

 と書かれていましたが、これは程度問題だという気がします。感染経路に唾液も含まれているわけですから、咳やくしゃみ(主症状ではないそうですが)によって大きな唾液の粒が飛び散る可能性はあります。

 それを吸い込んだらどうなるのかということですが、空気感染について調べてみると、要は空気中に飛び出した唾液はすぐに水分が蒸発してしまうわけで、それでも乾燥した状態で病気の性質を保ち続けるものが空気感染と言われているようです。

 ということは、エボラは空気中で乾燥してしまうと、その病原性を維持できないということになりそうです。となると逆に湿気の多い場所で、直径の大きい唾液粒子が飛ぶと乾燥しにくいので、わずかながら感染の可能性が出てくるような気もします。(実際地表には湿気があるので危険という記述もありました)

 だとすれば、とさらに私の勝手な考えですが、航空機等で移動する場合、機内はかなり乾燥していますから、機内での感染の確率は低いというようにも思えます。さらにマスクをすれば安心感も高まりそうです。

 問題は今後の予防ですが、初期症状はインフルエンザと似ていると言われていますが、数日後にエボラ特有の嘔吐、下痢、血圧低下、頭痛、貧血といった症状を示すそうです。

 また致死率が90%と書かれる事が多いようですが、これは何も治療をしない場合だそうで、治療をした場合は60%(それでも高いと思いますが)に下がるとも言われています。

 回復に向かう要素は、接触性の低さ(感染度合い)と自己免疫力だそうですから、やはり日ごろからストレスを減らし、規則正しい生活習慣を維持し、良質の食事を摂り、適度に運動し、よく眠るというのが一番のようです。
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。