第1256回 風邪は咳払い程度に軽快、台風接近に要注意

 実家の母親の風邪は何とか峠を越えたようです。私の風邪は、昨日あたりから咳払い程度になり、息苦しさも軽減しましたので、薬もストップ。

 フラベリックとムコダインという薬ですが、普段飲みつけないせいか、最初に服用した日の夜、若干の動悸を感じました。しかし今薬の名前を検索して副作用を見てみましたが、動悸という項目は両者共に見当たりませんでした。

 神経質なので、何か副作用が出るのではないかという思い込みによって動悸という症状を感じたともいえます。

 昼間飲んだときは特に感じることもなく、不愉快だった息苦しさも軽減されましたから、効果はあったと思っていますが、やはり出来る限り薬は服用したくないので、昨日朝飲んでから、昼は飲まず、夜に体調を見ていましたが、特に問題なさそうなので、そのまま就寝。

 夕方はマスクをしてウォーキング。5000歩ほど歩きましたが、息苦しさも特になく安心しました。

 一方息子ですが、先週木曜の朝「喉が痛い」と言いながら大学に行き、帰ってきてPLを飲んで就寝。さすがに翌日は1日休みましたが、昨日朝は、「だいぶ腫れが引いて痛みもなくなった」といって出かけていきました。

 ほんの3日ぐらいで薬も飲まずに治ってしまったようで、さすがに若いということは凄いことだなと思いました。

 というわけで風邪騒動はひとまず一段落。血圧も、寒くなりつつあるとはいえ、先日の診療所でも130/80ぐらいで、私としてはまずまずの値を維持していました。

 ここのところ天気が良かったので週3~4日歩いている効果が現れているのかなと思っています。ただ今週は木曜あたりに関東に台風が接近してくるようなので、ウォーキングも週後半は難しそうです。

 また台風が近づき気圧が下がると、体調もいまいちになりがち。特にこの時期は花粉が飛んでいたり、ダニの繁殖もあったりで喘息が出やすい時期だと思っています。

 よく寝て、おいしいものを食べ、一生懸命歩いて、ついでに少し果物を多く摂取しようと思っています。これからはおいしいみかんの季節なので楽しみです。

 ちなみに就寝時は、口だけマスクをしています。アレルギー性鼻炎で口呼吸になりがちで、そうなると寝ているうちに喉が乾いて風邪をひきやすいことに気がついたからです。

 マスクによって口腔内が適度に湿気を帯び、風邪になりにくいようです。ただ慣れないと息苦しく感じると思います。

関連記事


 

Pagetop

トラックバック

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


検索フォーム

全記事表示リンク

フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
635位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
136位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。