FC2ブログ
HOME   »  悪性腫瘍関連  »  第1266回 高倉健さんのご冥福をお祈りします

第1266回 高倉健さんのご冥福をお祈りします

 高倉健さんが亡くなられたというニュースは、総選挙の話題より関心が強かったのではないかなと思えます。当然ですが、私が子どものときからの俳優さんで、誰もが異口同音に言うように、「格好いい」男優さんだったと思えます。

 ただ私自身は、いわゆるヤクザさんが登場するような映画より、SF映画の方が好きだったので、この方の映画を見たという記憶はあまりありません。

 しかしテレビを見ていると、若いときから熟年のときの映像が流れ、ある意味人が年齢を重ねて行くときの顔つきの変遷というものがよく分かりました。

 一方亡くなられた原因が「悪性リンパ腫」という病気であったということが私の関心を惹きました。今から5年半ほど前、私の妻も、ただの体調不良だと思っていた症状に、「悪性リンパ腫」とう診断が下り、以後2年間の闘病生活を経て他界。

 その間私は父子家庭生活を余儀なくされ、自宅と病院、仕事先をぐるぐる回りながら子育て(といっても一人息子で、それほど手はかかりませんでしたが)を行っていた結果、妻の他界後、急に疲労感、脱力感を覚えると共に自律神経失調症の症状を示し、結局1年後の57歳時点で早期退職。

 その後、自身の健康に留意する願いもこめて、このブログを書き始めました。というわけで、因縁のある病気なのですが、原因は不明。

 私なりにこの病気に関して勉強しましたが、要するに血液中のリンパ球の一部が、増殖する際に遺伝子情報をミスコピーして、以後勝手に余計なリンパ球を作り出すというイメージが正しかなと思っています。

 しかしなぜ遺伝子情報をミスコピーするのかという原因が分かりません。ただいろいろ調べてみると、健康な人でも毎日のように、こういった異常な細胞が生まれている可能性があるそうです。

 ただ普通はそういった異常な細胞は、体自信が持つ免疫力が作用して、その細胞を破壊してしまいます。ところが何らかの理由で、この破壊をすり抜けたり、免疫機能そのものが低下していたりすると、異常な増殖が始まってしまうということのようです。

 しかしこれは悪性リンパ腫に限らず、他の腫瘍についても同様のことが言えるなと最近気が付きました。つまりたまたまリンパ球で起きたものが悪性リンパ腫。肺の細胞で起きれば肺がん、胃なら胃がん、ということです。

 というわけで、基本的にはそういった異常細胞が発生してもすぐに駆逐できるような免疫力を日ごろからつけておかないといけないということで、それは食事、睡眠、生活習慣、ストレス、運動といった要素によって左右されると思っています。
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。