第1267回 インフルエンザの予防接種を受けてきました

 別のブログにも書きましたが、いつもの診療所へ実家の母親と共に行き、私はインフルエンザの予防接種を受けてきました。今日は三連休初日だったので、皆さん近場に出かけて診療所はすいていているのではと思っていましたが、なんと予想外の大混雑。

 待合室の顔ぶれを見ると子連れが多い。ただ熱があるとか、咳をしているというわけではなく、どうやら私同様予防接種のようです。

 最近は子どもでも予防接種を受けるのが当たり前になっているんだなと改めて感じましたが、高齢者はともかく子どもの場合はどうなのかなと、チラッと疑念も感じます。

 もちろん予防接種をすることによってインフルエンザにかかっても症状が軽くなるわけで、体力的にも楽だし、他の子どもへの感染もしにくいわけで、良いことずくめのような気もします。

 しかし子どもの免疫力を鍛える、という考え方があるとすると、ちょこっと刺激を与えて免疫細胞を増やしインフルエンザを乗り切るという方法は、たまたま予防接種をしなかった時に、自身の免疫力が充分働かない恐れがあるのではという不安もあります。

 つまり予防接種を毎年必ずする必要があり、たまたま出来なかった年に重症化する恐れはないのか、という不安です。

 人間の免疫力が鍛えられるのかということ自体もよく分かりませんので、あくまで個人的な考えの範囲を出ませんが、あまりに予防処置を張り巡らしすぎると、それをすり抜けた雑菌に対する免疫力が落ちてしまうのではという危惧を覚えます。

 まあそんなことを考えながら待っていると私の順番。いつものように血圧を測ると150/90。かなり高め。実は今日の朝はトーストにコーヒー(カフェインを意識)だったので、もしかしたら高いのではと思っていたので予想通り。

 その後聴診器による診察を経て予防接種。この医師の予防接種はやたら早い。看護師さんに言われて袖をめくっていると、すぐに待ち構えていた医師が注射針をプスリ。

 インフルエンザの注射針は、採血の注射針に較べると細いような気がします。この針の先端が皮膚の痛点が少ない部分を通過すると、時にはまったく痛みを感じません。

 しかし今日は痛点を刺激したらしく、チクッという感触。風呂はいいけど激しい運動はダメと看護師さんに釘を刺されて、15分ほど副反応が出ないことを確認するために待機。

 特に問題なさそうなので、先ほど帰ってきました。というわけで、激しい運動はダメということなので、今日のウォーキングをどうしようか考えています。天気が良いので歩きたいなという気持ちが強いです。

 ちなみに母親の方も歩くことの重要性を少しわかってくれたようで、昨日は10分ほど歩いたと言っていました。ともかく歩くこと。これが一番安上がりで効果のある健康法だと思っています。
関連記事


 

Pagetop

トラックバック

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


検索フォーム

全記事表示リンク

フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
635位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
136位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。