FC2ブログ
HOME   »  ★健康維持  »  第1269回 長距離を歩けばいいというものでもなさそうです

第1269回 長距離を歩けばいいというものでもなさそうです

 今日は朝から薄ら寒く、午前中は仕事。帰る頃には雨も本格的になり、帰る途中で夕食用の食材の買い物。その後は自宅でこういったブログ書き。

 天気がよければ歩きたいと思っていたのですが、傘をさして寒い中を歩くほどの元気はないので、まあ今日は良かろう、のんびりしようと勝手に判断。お気楽ウォーキングです。

 ウォーキングは、1日1万歩が良いという話しを聞きます。しかしこの計算の根拠は、食べる量のカロリーと、普通に消費するカロリーの差があるので、この差を消費するためにどのくらい歩いたらよいかという単純計算で求めたもののようです。

 つまり摂取するカロリーと消費カロリーの差が、1万歩のウォーキングに相当するというだけで、1万歩歩くことがダイエットになるとか、筋肉に良いとか、ストレス解消になるとか、呼吸機能に良いというようなことは、後付の理由となりそうです。

 もちろん後付だろうがなんだろうが、実際にこういった効果はあると思われますので、運動不足の人はウォーキングをやる方がいいに決まっています。

 しかし、サラリーマンの方が毎日駅まで歩いて、乗り換え駅構内を歩いて、会社であちこち移動し再び帰宅という状況を考えると、これだけで1万歩近く歩いているはずなので、そこからさらに1万歩歩くというのもへんな話しです。

 当たり前ですが、1万歩というのは単なる目安であって、別に9900歩でも9000歩でも良いと思われます。

 一方、では1日20000歩歩いたら健康にさらに効果はあるのだろうか、とふと気になってネットで検索してみました。すると実際に歩いている人がいるんですね。驚きです。

 なぜ驚くかと言うと、普通のウォーキングで2万歩歩いたら約15km歩くということで、、普通の速度だったら3時間ぐらいかかりそうです。

 私自身ここの所1時間半程度歩くことが多くなりましたが、それは午前中に仕事が入っていないときです。そうでないと、1日の中で3時間という時間をウォーキングだけに費やす暇がありません。

 というわけで、さらに詳細に見ると、どうやら2万歩と言ってもかなり早足で歩いているようで、言ってみれば競歩、速歩といったウォーキングであるように思われます。これなら時間も2時間程度かもしれません。

 しかしそうなると今度は有酸素運動というより無酸素運動に近くなるような気もします。

 高齢者のウォーキングは有酸素運動が奨励されているわけですから、やはり速さは早くてもせいぜい時速6kmぐらいが良さそうです。

 ちなみに昨日の9000歩というのを歩幅で距離に換算すると7380m。ここを約80分で歩いたので、その平均の速さは時速5.5kmぐらい。私にとってはちょうど歩きやすい速さです。

 振り返ってみると、最初は7~8年前に30分程度の単なる散歩から始まったウォーキングですが、速さを変えたり、フォームを考えたり、歩幅を意識したり、歩数を測ったりと、まあいろいろやること考えることがあるもんだなと思います。

 今後も私の感覚では1万歩が目標となりそうですが、それよりも週に3日程度は歩きたいなと思っています。つまり歩く機会を増やすということですが、今日の記事はちょっとまとまりません。
 
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。