FC2ブログ
HOME   »  頭痛  »  第1278回 低周波音の振動数と遮蔽効果

第1278回 低周波音の振動数と遮蔽効果

 「音」ですが、これは物理の世界では粗密波と定義されています。粗密波というのは、空気の密度が濃い部分と薄い部分が交互に入れ替わり振動するもので、この振動の回数が1秒間に何回あるかが振動数となります。

 つまり50Hzの音は、1秒間に空気の粗密が50回繰り返されると言うことです。この繰り返される振動を、我々の鼓膜が感知し、それを「低い音」と認識するわけです。

 というわけで、これが我が家の寝室で聞こえるわけですが、先ずはベランダに出て耳を澄まして、どの方向から聞こえるかを確認。すると音の発生源と思われる方向に、空調の排気口らしきものがあることを確認。

 しかしすぐ近くまで行って確認したわけではありませんので、その方向が怪しいと思っただけです。

 次に部屋の中のどの部分で音がよく聞こえるかを、深夜静かな環境で部屋の中をウロウロしながら確認。すると部屋の一番南西側の角、すなわち私が寝ているとき、ちょうど頭の部分が来るあたりが一番良く聞こえます。

 先ほどの排気口はちょうど家の南側に位置するので、寝るのを逆向きにしようかなと考えましたが、そうなると迷信とは思いますが「北枕」という語句が頭に浮かび、なおかつ、部屋の使いかって悪くなります。

 というわけで先ずはベッドの位置は現状のままにして、防音について対策をいろいろ考えてみました。

 最初にやったことは、私が寝ている南側の窓に沿って、音が聞こえるのは向かって右側(西側)か左側(東側)かを調べてみると、やはり窓ガラスのある私が寝ている側の音が大きく、雨戸を仕舞いっぱなしにしてある戸袋がある部分は音が若干小さくなるように感じました。

 つまり音の遮蔽効果は、サッシの窓よりも、雨戸が2枚収納されている戸袋の方が大きいということです。サッシの窓はきちんと閉まっていますが、戸袋の方は結構スカスカしています。しかしその内側には家の壁もありますから、遮蔽効果が高くなっていると判断。

 そこでとりあえず、戸袋の遮蔽効果がガラス窓よりも大きいということが分かったので、雨戸自体の遮蔽効果がどのくらいあるのか、戸袋から滅多に使わない雨戸を出して、私が寝ている窓側の方に移動し寝てみました。

 要するに、通常のサッシの窓ガラス+戸袋の戸という二重の遮音壁を作ったつもりです。ちなみに戸袋内の雨戸は木製ではなく、横に波をうったアルミ製です。結果は、音が若干減少しました。しかし深夜に耳を澄ますとやはりうるさい。

 ということは、戸袋+雨戸2枚+家の壁の方が、雨戸1枚+サッシのガラス窓よりも遮蔽効果が大きいということです。

 状況はだんだん分かってきましたが、なかなか遮蔽するのは大変です。「こりゃまいったな」と思い、こういうこときはネットの情報だと思って調べてみると、隣近所の低周波音で困っている人が意外に多いことに気がつきびっくり。

 基本的には音源をとめるのが一番ということですが、それがなかなか出来ないから悩んでいるわけです。というわけで、次に低周波音の性質についても調べてみました。
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。