FC2ブログ
HOME   »  ★健康管理  »  第1286回 手作りハンバーグと市販のハンバーグ

第1286回 手作りハンバーグと市販のハンバーグ

 1月3日となり、冬眠から覚めた熊のように、ようやく自宅近くのスーパー等に出かけ、夜の食材を買ってきました。今日のおかずはハンバーグ

 最近のスーパーには手作りハンバーグとして、後は焼くだけのものとか、場合によってはもう出来上がっていてレンジで温めれば良いだけというのも多数売られていて、手作りにすべきか完成品を買うべきかいつも悩みます

 しかも、すでに出来上がったのものはそれなりの値段がついていますが、後は焼くだけという、半完成品の値段が驚くほど安いことに驚かされます。実際1個あたりの値段が50~80円ぐらいのものもありますから、経済的に助かるし、しかも味もそこそこ良いように思えます。

 一方、挽肉から手作りしようと思って合い挽き肉を買おうとすると、100gが200円ぐらいだったりするので、明らかに手作りする方が費用が多くかかる上、手間隙もかかり、味も場合によってはいまいちということになり、私の頭の中では「どうしてこんな価格の逆転現象が起きるんだ?」というクエッションマークが点灯します。

 スーパー側も、半製品を販売している以上、それなりの利益を見込んでいるはず。ではいったいどこでその努力をしているのか?

 そう思い、「もしかしたら肉の品質が悪いのでは?」という疑いをもったこともあります。たしかに超激安スーパーで売られている手作りハンバーグの成分表を見ると、使用肉はオーストラリアやアメリカといった海外の肉が使われています。

 ということは、その他の材料とするタマネギ等も、もしかすると国産ではなく中国産?その他卵や調味料、香辛料はどうか?と考えていくと、「半製品は、やはりある程度信用の置けるというか格式のあるスーパーで買わないといけないのでは」と思えます。

 というわけで、今日は割りとしっかりとスーパーで、半製品としてはちょっと割高に思えるハンバーグを買おうと思って出かけたのですが、なんと正月だからか、いつもの4個入りのパックがなく、8個入りぐらいのものしかありませんでした。

 しょうがないので、同じスーパーで国産の牛豚合い挽き肉を購入。これが200gぐらいで400円弱。さらにタマネギ1個が50円ぐらい。調味料としてS&B食品のシーズニングミックスというシリーズの「ハンバーグ用」100円を購入。

 さらにおいしく食べるために牛乳100円(一部しか使いません。残りは私のコーヒー用)、卵等が必要ですから、総費用は600円前後。

 実際にはこれらをきちんと混ぜ合わせて調理するという作業が必要ですからそれを人件費として考えると、明らかにスーパー半製品のほうが安いです。

 あえて言えば、良質の肉と野菜、卵を材料にして、一生懸命手作りしたという気持ちがこもっているハンバーグということでしょうか。

 しかし30分から1時間かけて作ったハンバーグも食べ始めると、ものの10分ぐらいでなくなってしまいますから、主婦の方の気持ちがよく分かります。

 とはいえ、健康を維持するためにはストレス解消や睡眠、適度な運動のほかに良質の食事というのが鉄則ですから、手間を惜しんではいけないなと思っています。
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。