FC2ブログ
HOME   »  高血圧  »  第1292回 血圧は落ち着き体調も良好、腹八分目が最も効果がありました

第1292回 血圧は落ち着き体調も良好、腹八分目が最も効果がありました

 血圧はほぼ正常に戻りました。改めて、体調が良いために食べ過ぎたり、飲みすぎたりするのは、実は少しずつ体に負担がかかっているんだなということがよく分かりました。

 よく基本的な生活習慣が大事だと言われ、私もその通りだと思い、夜は10時半から11時の間に寝て、朝は6時から6時半の間に起きるという習慣は定着しています。

 また適度な運動というのが大事だと思っているので、何回も書いているように折に触れてウォーキング。寒くて外に行くのが辛い場合は室内でラジオ体操やストレッチを行っていました。

 ストレスについては早期退職以後ほとんど感じたことがないので問題外。というわけで、後は良質の食事ということになるのですが、今回はそこに油断がありました。

 腹八分目が大事だと言われているのですが、50代の頃に較べると食べる量が減ったなという感覚もあり、だとしたら「このぐらい食べても、以前よりは減っているから大丈夫だろう」と思っていました。

 しかしよく考えてみると、加齢によって内臓の機能は少しずつ低下し、なおかつフルタイム勤務に較べると現在の非常勤講師という勤務形態は、その労働量もかなり少なくなっているはずです。

 いくらウォーキングをすると言っても、1日の労働時間と同じ8時間も歩いているわけではなく、せいぜいが2時間です。ということはフルタイム時に較べると代謝量も減っているはずで、小食になるのは当たり前です。

 まあ理屈ではそう思っても、目の前においしいものが並び(食欲があるのは良いことだと思っていますが)、「あと少し食べれば満腹になる」という欲求をコントロールするのはなかなか大変です。

 というわけで、体調の良さに甘んじていつの間にか過食、過飲になっていたというのが、今回の血圧上昇の最大要因だったと判断し、食べ過ぎに注意しながら、好きなアルコールもすこしだけ解禁。

 結局もとの生活に戻りそうで不安ですが、こういったことを意識している間は大丈夫だろうと思っています。

 ちなみに1年でもっとも亡くなる方が多いのは1月、2月ですから、やはり寒さは大敵。そしてその時期をいかにうまくコントロールして過ごすかということが、健康寿命を延ばす要因になっているような気もします。

 さらに言えば3月になると徐々に暖かさを増し、体調特に血圧の変動がどんどん減少し、気持ちも軽くなっていきます。不思議な感覚ですが、現役時代とは違った意味で3月が待ち遠しいという気がします。


関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。