第1306回 花粉症とアトピーに相関関係?

 花粉の影響を激しく感じるようになってきました。息子はくしゃみが止まらないと昨日言っていました。私よりも症状が強く出るようです。

 昨日は1日雨模様で、ほとんど外出もせず、家の中にいたのに花粉を感じるというのも実に不思議です。まあ考えられるのは、買い物等の外出時にドアを開けた瞬間に花粉が室内に飛び込んだという可能性ですが、だとするとなかなか防止は難しい。

 外出から帰ってきたら家の外で衣服をはたいてから入る、なんてことも言われていますが、そんなことをしたら体の周囲に花粉が渦巻いて、ますます部屋の中に花粉を呼び込んでしまうのではという気にもなります。

 花粉が多いかどうかは、車に乗ってフロントガラスを見ると一目瞭然。茶色いほこりのようなものがついていて、これをワイパーで片側に寄せると、普段とは比べものにならないくらい茶色いごみのような花粉が目に付きます。

 これを見るたびにがっくりしますが、まあ電車等で移動するより車のほうがまだ良いだろうなと思っています。しかし今日は昨夜風が吹き荒れましたから、さらに花粉が舞っていそう。

 午後は家庭菜園の除草を再開するつもりですが、ちょっと気分的にめげています。まあマスクをしてやるしかないなと思っていますが、長時間はできそうにない。

 青空を見ると、ウォーキングに行って、野鳥の撮影もしたいなと思うのですが、それも場合によっては厳しいかも。

 ちなみにこの花粉ですが、スギ花粉が主体ですから、スギのない地域、国に行けば症状は治まります。私はこのところバンコクに行くことが多いのですが、大気汚染が日本より激しいのに、花粉症の症状は出ません。

 
 これはハワイも同様。こちらはほぼ1年中貿易風が吹いていますから、空気は爽快。最近は少し湿気が増えてしまいましたが、日本に較べればさわやかなであることは間違いなしです。

 というわけでハワイでも花粉症の症状はなし。喘息も出たことがないです。

 もう1点。花粉症の症状が出始めるころ、私自身のアトピーの症状が悪くなります。お風呂に入って、全身の血液循環が良くなり、皮膚の表面温度が上がってくると、最近は足の甲のあたりがムズムズします。

 花粉とは関係ないのかもしれませんが、時期的に一致するので、もしかしたら体内に入った花粉の成分の中で、私の体質に合わない成分があり、それを末端の毛細血管から押し出そうとしているのではと考えることも多いです。

 アトピーは冬場の乾燥肌がきっかけになりますが、花粉が飛び交う頃症状も強く出るような気がするので、何らかの相関関係があるのではと思っています。
関連記事


 

Pagetop

トラックバック

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


検索フォーム

全記事表示リンク

フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
635位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
136位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。