FC2ブログ
HOME   »  老化、老衰、認知症  »  第1315回 片足立ちで脳疾患の程度を把握

第1315回 片足立ちで脳疾患の程度を把握

 私が今住んでいる場所に家を建てたのはおよそ20年前。近所の人ともすっかり顔なじみになっていますが、その近所の人たちは、私よりさらに一回り上ぐらいの世代が多いように見受けられます。

 平日にこうやって家でブログを書いたり買い物をしたりしていると、早い話が家の周りを歩いているのは高齢者ばかりです。どうやら私よりもさらに10年ぐらい前に家を建て移り住んできているようです。

 当然ながらそこで子育てが行われたはずですが、その子供たちはすでに30代となり、親とは同居せずより都会に近い場所に住んでいると思われます。

 というわけで、首都圏から電車で1時間ぐらいのこの地域は、今後ますます高齢者の比率が増え、様々な障害を抱えたり認知症を患ったりする人もそれに伴って増加するように思われます。

 実際昼間車を運転していると、自転車でヨロヨロ走っている人が、突然車線を変更し車の前を横切ったり、交差点の真ん中で突然停止し、進もうか曲がろうか迷っているとしか思えないような運転をしたり、必要以上の安全運転(30km/h以下)のスピードで走ったりと、「いったい誰が運転しているんだろう」と悩むことも多いです。

 スーパーのレジでは、店員さんに合計金額を告げられてから、大きな財布の口を開けて小銭を数えだしたものの、途中でいくらまで数えたか分からなくなってしまい、最後は店員さが財布の中を見て小銭を探すというような状況が日常的におきています。

 一般的に認知症と言われていますが、当然その境界線上の方も多数いると思われ、また常に周囲を把握する力が劣っているわけでもなく、なんかの拍子に(焦っているときなど?)混乱が増すということなのかなとも感じています。

 そんな姿を見て、時にはイライラしたりもしますが、場合によっては「もしかしたら自分だって」と思わないでもないので、そうそう批判は出来ません。

 そう思って、私自身はその対策のために、暇があるとウォーキングや家庭菜園で運動をして、旅行で新しい刺激を受け、読書をして頭をはたらかせているわけですが、自分の脳損傷の現状はなかなか客観的には見えないのも事実です。

 そんな時、片足立ちで脳疾患リスクがわかるという記事を見つけました。記事によれば、目を開けて片足で20秒以上立っていられれば問題は無し。

 これが出来ない場合、自覚症状がなくても脳内の細い血管が詰まっている可能性が高いそうですから、自分の現状がどうなのかを知りたい人は、まずはやってみることをお勧めします。

 ちなみに私は右足左足それぞれで片足立ちを試しましたが、目さえ開いていれば1分以上は大丈夫みたいで安心しました。


関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。