FC2ブログ
HOME   »  アトピー性皮膚炎  »  第1317回 ハッサクチューハイでアトピー症状改善?

第1317回 ハッサクチューハイでアトピー症状改善?

 4月1日から新年度に入り、食品の値上げ、軽自動車税の値上げが報道されています。私も一部の食品を買ってきましたが、その節約総額は1000円にも満たないのではないかと思ってます。

 結局日常生活の中の無駄を省くというのが一番の節約であり、さらに言えば自身の健康を維持することが、医療費の節約にもつながると思っています。

 その意味では毎晩飲んでいるアルコールの量を少しは抑えないといけないなと思っているのですが、このところの陽気に誘われ、さらに家庭菜園の準備やウォーキングの運動により、ビールがおいしく感じられ、つい飲みすぎてしまい反省ばかりです。

 幸いにして、夜は良く眠れ、目覚めもすっきり。血圧も暖かくなってきて低下傾向。家庭菜園で除草をして急に立ち上がると立ちくらみを感じたりしますので、少々下がりすぎかなという気もしてます。

 その意味では昨年はやりませんでしたが、一昨年のようにいつも服用している降圧剤の量を少し減らしても良いかなと思っています。

 またアトピーですが、ハワイに行って1週間ぐらい経過した頃、右手甲の乾燥が少しずつなくなり、帰国時にはほぼ通常の皮膚に戻っていました。

 さらに帰国後再び悪化するのではと危惧していたのですが、このところの暖かさと、もう一つ実行していることがあり、それが功を奏しているのではと密かに考えています。

 それは何かというと、果汁の摂取です。そもそもハワイでアトピー症状が軽くなるのは、気候という環境因子ともう一つ、果物摂取量が多くなることによるのではないかと思っています。

 実際に日本で生活しているときも、冬場の乾燥肌に対してみかんの摂取量を多くするとはだの調子が良いように感じられていました。

 というわけでようやく今日の本論ですが、実は息子が幼児のときですが、狭い庭の片隅に「はっさく」の種を植えました。この種も単にスーパーかなんかで買ってきたものですが、何とそこから芽がちゃんと出て、およそ15年間、単に枝が増えるだけでしたが、昨年あたりから突然実が出来るようになりました。

 今年は50個ばかり取れ、私はそれを半分に切って果汁を絞り、夜の晩酌の焼酎に入れています。要するにハッサクチューハイという感じでしょうか。

 これをやり始めてから、割と皮膚の調子が良いように感じています。もちろん気のせいかもしれませんが、通常時よりビタミンCの摂取量は増えているように思います。「だから今年は風邪もひかなかった」と勝手に解釈しているのですが、真偽のほどは不明です。 


関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。