FC2ブログ
HOME   »  老化、老衰、認知症  »  第1324回 薬指を動かし、脳を活性化し、認知症を予防

第1324回 薬指を動かし、脳を活性化し、認知症を予防

 ちょっと前になりますが、目を開いたままで良いので片足立ちが出来るかという話題を書きました。20秒以上できれば、まだまだ脳の運動機能は健全で、平衡感覚もあり、認知症の恐れはなさそうです。

 一方逆に言えばこういった運動が出来ない場合は認知症になる可能性があるということです。さらに言えば、一般的には手先を動かしたりすることは、脳の働きを活性化させ、認知症予防になるということを知っています。

 というのが前置きですが、であるなら意図的に体のあちこちを自由自在に動かすことが出来れば、さらにその効果は高まりそうです。

 だとすれば、人間の場合普段最もよく使っているのは手だと思いますので、手先を動かす仕事をしている人は認知症にもなりにくいのかなと思いました。

 さらに考えを進めて、じゃあ手先をよく使う職業とは何だろうと考えると、人間国宝に代表されるような職業や外科医、さらにはピアノやギター等の音楽家なんかを思いつきました。

 ということはこれらの職業に付いている人は、長寿かどうかは不明ですが、少なくとも認知症にはなりにくいということなのかなと思い、さらにわが身を振り返ってみると、私は学生時代からクラシックギターを弾き、40代はフルートを練習。

 さらに最近、10年以上休止していたフルートの練習を再開したので、「こりゃいいや」と内心うれしく思いました。

 そんな中、その練習の記録代わりにブログも書いているのですが、ここのところ練習中に薬指の動きが、自分でも信じられないほどギクシャクしていることを知り愕然。

 「こんなに動かないんだ」と思いましたが、ということはこれが動くようになれば、さらに脳も活性化するのではと考え、動きが悪いことを具体的に知る方法はないかと調べてみると、これは実に簡単。机の上にどちらかの手を置き、他の指を動かさずに、最小は親指だけで机を叩く。1秒に3回ぐらいは叩けます。

 次に人差し指。これは意識してがんばると1秒に5回ぐらい叩けそうです。さらに中指も同様。ところが薬指になったとき愕然。最初は薬指だけを単独で持ち上げることすら難しかったです。

 脳から必死に「持ち上げろ」という指令を送るのですが、持ち上げる筋肉がどこにあるのか神経系が理解していないようで、その鈍い反応にイライラします。

 なるほどこんなにこの部分の動きは脳と神経系が活性化していないのかとびっくりしました。結局そのことに気が付いた日は、1秒に1回も上がらず、しかもその高さも5mmぐらい。情けない思いをしました。皆さんはいかがでしょうか?

 
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。