FC2ブログ
HOME   »  ★健康管理  »  第1325回 チリ・カルブコ火山噴火の影響が心配です

第1325回 チリ・カルブコ火山噴火の影響が心配です

 私の仕事は高校の非常勤講師ですが、かつて地学を教えていたこともあります。専門外の教科は、教える方も事前にある程度の勉強が必要で大変なのですが、地球の気象や天体については興味もあり、まあ何とかやり遂げました。

 生徒には時々授業の合間に、「地球儀で日本の裏側はどこ?」なんて質問をすることもあるのですが、ご存知でしょうか。日本の中心は北緯35度ぐらい、東経135度ぐらいだと思われるので、その裏側は南緯35度、西経45度になると思われます。

 経度はイギリスを基準にして、そこから東西の角度を考えているので、西経135度ではなく、180度ずれた場所は西経45度になります)

 というわけで、その場所を地図で確認すると南アメリカにあるウルグアイという国の沖合い1000kmぐらいの位置になります。つまり大西洋ということですが、授業では、もし日本からまっすぐ穴を掘れば、大西洋の海の水が流れ込んでくるという笑い話をします。

 (ただし万有引力があるので、日本に太平洋の海水が噴出することはなさそうです)

 それはそれとして、要するに地球の裏側のこのあたりについて、詳しい地理を知っている人は少ないし、あまり関心もないと思います。

 ところが先日、この近くのチリという国の南の方にあるカルブコ火山」が大爆発。数千人規模の避難者が出ています。またこの火山灰は1000km離れた首都のサンディアゴにも到達したそうです。

 これによってチリ経済はかなり大きな影響を受けると思いますが、もしかすると日本でも輸入サーモンの価格に影響が出るかなという気もします。

 しかし私はそんなことはそれほど心配していません。それより心配なのが火山灰。ニュースを聞いていると火山灰は上空15~20kmまで達したと言われています。

 飛行機に乗る人は知っていると思いますが、通常のジェット旅客機が巡航速度で飛んでいる高さは上空10km前後ですから、航空機にも影響与えそうです。

 さらにこの付近には西から東に進むジェット気流があります。従って火山灰は大西洋を横断し、地図で見ると分かりますが、南アフリカに達し、さらにインド洋を横断するとオーストラリアに達します。
 
 その後はさらに広範囲に火山灰が拡散していくと思われますので、場合によっては南半球に太陽光の遮蔽効果をもたらすかもしれません。

 そうなってくると世界的な影響が避けられないわけで、健康被害も続出するのではないかと心配しています。すでにチリでは非常事態宣言が出されています。注目が必要です。
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。