FC2ブログ
HOME   »  ★健康維持  »  第1327回 介護保険料を減らすには運動が一番

第1327回 介護保険料を減らすには運動が一番

 今日の朝刊に「介護保険料5000円を越える」と出ていてびっくり。原因は高齢化で介護サービスを受ける人が増加しているからだということですが、このままだと増加する一方だそうですから、年金減額もさることながら、さらにそこから介護保険料を天引きされたのではたまったもんではないなと感じています。

 いっぽうで介護保険を実際に利用する高齢者は少数だとも書かれていて、なんとも不思議な制度だなと感じます。

 我が家の母親は、今年で85歳になり、さすがに足腰が弱くなり、ほとんど出歩かなくなりましたが、それでも食事の用意を自分でしているので助かります。

 原因として考えられるのは私の妹が同居していること。妹は普段働いていますが、それでも同じ家にいれば会話を交わす機会もあり、認知症防止にもなり、また二人で生活しているという意識から、掃除や洗濯もやらざるを得ないということで、必然的に運動不足も解消されているのかなと思っています。

 というわけで介護保険とは無縁の生活で、その意味では支払う意味がないという苦情を言いたくなるかもしれません。

 一方荒川区ではこの保険料が下がったそうです。テレビのニュースでもやっていましたが、原因は区が高齢者向けの体操教室を開いているということで、予防の力を入れているそうです。

 ということは、やはり普段からそれ相応の運動をする必要があるということで、退職して仕事がなくなったからと言って家でじっとしているのはもってのほか。これを機会にどんどん運動するというのが良さそうです。

 というような理屈をつけて私はせっせと海外旅行に出かけていますが、その下準備としてウォーキングも楽しんでいます。

 今日は午後から天気が良くなってきたので、先ほど1時間半ほど歩いてきました。歩数が7600歩ぐらい。ゴールデンウイーク初日だったせいか、水遊びをする家族連れや、木陰で休憩しているカップルが目に付きました。

 ひところ目に付いた野鳥撮影のおじさんたちは、樹木の葉が茂ってきたこともあってか、あまり姿を見なくなりました。それでも歩いていると、今年はウグイス、雉、シジュウカラ、そして外来種のガビチョウのさえずりをよく耳にします。

 ガビチョウはあまり聞かない名前だと思いますが、ムクドリぐらいの結構大きな鳥で、美しい声で鳴くので、中国あたりで飼われていたようです。目元が白いのが特徴。こんな鳥です。

gabityo.jpg


 
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。