第1345回 体調が悪くて健康食品を購入しようと思ったら

 私のテレビの視聴時間は平均すると1日30分弱。主に見ているのはニュース、笑点、NHKの囲碁将棋。以前はドクターX というドラマが面白くて見ていましたが、それが終了してからは、見るドラマは一切無し。

 理由は単純。つまらないから。現実にありえないようなシチュエーションをわざと作り出し、そういった状況に対して妙に深刻になったり、馬鹿騒ぎをしたり、口汚くののしったり、大声を上げたりと、効果的な演出を狙っているのかもしれませんが、私には逆効果。どんどん見る気がうせます。

 ましてやクイズやゲームといったバラエティ番組は、さらに馬鹿騒ぎがひどくなり、これじゃあ認知症の高齢者が増えるのもやむを得ないかなとすら思えます。

 しかしたま~にですが、真面目に取り組んだと思われるドキュメンタリーがあったりしますので、テレビはもう受信料がもったいないから見るのはやめようというところまではいっていません。

 それはそれとして、良く見る笑点もそうですが、ともかく本編の間に入るコマーシャルに健康食品や健康グッズがやたら多いのも気になります。

 四六時中、「あんたはどこか具合が悪いに違いない」「高齢者になっても若さは取り返せる」「私はこれで元気になった」とまあ叫びたてていますから、その相乗効果で、「もしかしたらこれを使えば私はもっと健康になれるのかも」と、本来なら健康な人まで考えてしまいます。

 それがメーカー側の戦略ですから、しょうがないといってしまえばそれまでですが、テレビ以外でも新聞や週刊誌には、これでもかとばかり健康関連ニュースや食品、飲料、グッズの広告があふれています。

 その中には「体験談」と称するものも掲載されていたりするので、「もしかしたら本当に効果があるのかも」と、つい思ってしまいます。

 しかし基本的に本当に効果があるものなら、健康食品からそういった成分を取り出し薬にしているはずです。そうした動きがないということは効き目が薄いという理由になるような気もします。

 長期間続ければというのも殺し文句で、暗に「穏やかに作用します」ということを意図しているのかなと思いますが、それは客観的に見れば効果はあっても無くてもほとんど変わらない、要は気の持ちようだということにもなります。

 体験談は、例えば1万人の人が利用して9500人に効果があったということなら、効き目がありそうだとなりますが、ほんの数名が「効果がありました」と報告しているだけですから、確率的にはほとんど効果が無かったに等しいような気もします。

 薬の場合は、その点たくさんの臨床例で、大多数の人に効果があると認められてしようされているわけですから信用が置けます。

 というわけで、ともかく健康に関する情報が満ち溢れ、これを食べろ、飲め、使えと華々しく宣伝されていまが、諸物価値上げの中で、高価でありながらその効能がいまいちはっきりしない健康食品については、充分に検討する必要があると思われます。

 厚労省ですら、「健康食品の正しい利用法」というパンフレットを作成しています。ちょっと読んでみると「なるほどな」と納得できることが多く書かれています。
関連記事


 

Pagetop

トラックバック

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


検索フォーム

全記事表示リンク

フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
665位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
148位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。