FC2ブログ
HOME   »  痛風  »  第1355回 今回の痛風症状の原因分析と食べ過ぎについて

第1355回 今回の痛風症状の原因分析と食べ過ぎについて

 痛風の前兆症状を感じ、多めの水分補給と、腹8分目を心がけてから、症状はほとんど消えました。ほとんどいうのは、まだわずかに、感じるか感じないぐらいの疼きがあるからです。

 それにしても、体調がよく、肉も魚も、家庭菜園から採れた野菜も豊富に食べて痛風になってしまったのでは情けないです。昨日も書いたように、私の場合はこの前兆症状が食べ過ぎのサインだと思っているのであらためて、ここ数ヶ月の食生活を振り返ってみました。

 すると、確かに家庭菜園で採れる野菜の量が多くなるに連れ、それをなんとか効率的に消費したいと願い、おかずを多めに作っていたような気もします。

 幸か不幸か春先から体調もよく、ビールは美味しいし、食べ物も美味しく感じられ、それがさらに食べ過ぎに拍車をかけていたようです。

 一方、私の場合は過去にストレスにより1年前後で、過飲、過食により数kg太ったことがあり、その時は血液検査の様々な数値がレッドゾーンに入り、「こりゃさすがにまずいぞ」と思ったことはありますが、普段はほとんど体重の変動はありません。

 しかし、そう思ってここ数ヶ月の食生活を振り返ってみると、はっきり記録していたわけではありませんが、体重が1~2kgぐらい増えていたようにも思います。

 それでも家庭菜園の世話やウォーキングをして、ある程度運動も出来ていると自覚していたので、あまり体重増加も気にしていませんでした。

 まあもろもろ、振り返ってみるといろいろと気になることは出てくるものです。もしかするとアルコールのつまみの量が多すぎて過食気味になっていたのかもしれません。 

 ともあれ、今は小康状態に戻りましたので、明日から旅行ですが、旅先でも飲みすぎ食べ過ぎに気をつけようと思っています。

 ちなみに食べ過ぎは老化を早める、という記事を多数ネット上で見ることが出来ます。しかし食べ過ぎが多いと思われる現代人の実際の寿命は延びているわけですから、本当に老化が早まっているのかどうかは不明。

 栄養失調や偏食で老化が早まると言うことならわかりますが、食べ過ぎだけで果たして老化は早まるのか?確かに体の各組織の負担は重くなりますが、それを支えるだけのエネルギーも供給されていると考えることも出来ます。

 もちろん医学の進歩で寿命が延びているとも考えられます。しかしだとすると食べ過ぎなければ寿命はもっと延びるという論理になりますが、本当にそうなのか?

 さらに言えば「美味しいものをたらふく食べたい」という欲求があるときは、「生きていこう」という元気が出ている証拠でもあるような気がします。
関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。