第1356回 腫瘍細胞を狙い撃ちする微小カプセルとは?

 バンコクに来ています。昼間は連日35度ぐらい。パキスタンでは45℃ぐらいの暑さで亡くなられてた方が出たというニュースも見ました。

 バンコクの35℃はまだ良い方かもしれません。ただ日中、必死に動き回ると間違いなく熱中症になるなと思っているので、出歩くときは、先ず水を飲んで、帽子をかぶり、日なたを歩くのはなるべく短時間、と言うことを心がけています。

 それでも、旅行ですから、家にいるときよりは動き回る機会も多く、連日1~2万歩ほど歩いていると思います。加えて高架鉄道を使うことが多いため、そのホームにたどり着くため合計100段ぐらいの階段を上り下りしていますので、必然的に足が鍛えられます。

 一方出発直前に感じた足の親指のうずきの気配がまだ残っていて、どうもすっきりしません。旅行中は小食になっているので、食べ過ぎではないのですが、ビールの影響が大きいかもしれません。

 ただ悪化する気配はないので、様子を見ながら歩き回っています。運動量は充分です。

 現地でも朝食時は日本の新聞を読むことが出来、韓国のMERSがなかなか収束しないことに不安を感じています。バンコクでも中東からの旅行者が一名MERSだったことが分かり、すぐに隔離。それでも連日こちらの地元の新聞ではトップ記事の扱いになっていましたので、関心は大きいと思います。

 今日の新聞には「ガンを狙い撃ちする微小カプセル」という記事が出ていて、興味を持って読んでいました。直径55nmと書いてありますから、55×10ー9(m)と言うことになりそうで、0.000000055(m)という大きさ。

 その中に放射性元素のガドリニウムという物質を入れ、これに中性子線を照射するとガドリニウムの原子核が崩壊して放射線を出すようで、これがガン細胞を殺す、と言うことのようです。

 要するに今までは外部から放射線を照射して、ガン細胞やその周辺の細胞を駆逐する、と言う形だったものを、内部から破壊すると言うことです。

 その昔、「ミクロの決死圏」という映画があって、これは主人公が小さくなって体内に侵入して脳出血を治すという映画だったと思いますが、それと似ているなと感じました。

 ただなぜこのカプセルがガン細胞近くにおびき寄せられるのかと言う記述がありません。腫瘍細胞表面の何らかのタンパク質を目印にしているのかなと思いますが、目印が分かっても、そこに集まるメカニズムが不明。

 しかしネズミの実験は成功したと書かれているので、確かに凄い技術だなと思います。こういった技術の発達は、やがて体内で活躍するマイクロロボットを生み出すのだろうなと感じます。
  
関連記事


 

Pagetop

トラックバック

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


検索フォーム

全記事表示リンク

フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
635位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
136位
アクセスランキングを見る>>

プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。