FC2ブログ
HOME   »  ★健康管理  »  第1358回 10年後の少子高齢化社会にどう対処する?

第1358回 10年後の少子高齢化社会にどう対処する?

 バンコク旅行で毎日必死に歩いたせいか体調良好です。痛風の兆しも感じなくなっています。血圧は降圧剤「バルサルタン」を80から60mgに減量し服用していますが、暖かいせいか110/60なんていう、ある意味血圧の模範的な数字になっています。

 食生活も、痛風の兆しを感じてから、少しだけですが小食気味にしていることも良い影響を与えているのかもしれません。実際小食になっても体重はほとんど変わらないというのが不思議です。

 食べ過ぎの場合は、適度に栄養を排出し、小食にした場合はその栄養分を存分に吸収するということでしょうか?当然食べすぎを抑えれば四六時中胃腸が働くということも無くなり、休憩時間が与えられるので、その分、分解消化活動も活発になるような気もします。

 どこかのサイトで、食べすぎは老化を早めるという記事がありましたが、単純に考えても食べ過ぎれば組織の活動はその分解に注力せざるを得ませんので、消化組織に余計な負担を与えるはずです。

 ただし食べ過ぎた人と粗食の人の寿命を統計的に調べたようなデータはなさそうです。いずれそういったデータも出てくると思われますが、それまでは「たぶん食べすぎはよくないんだろう」と思う程度になりそうです。

 それはそれとして私自身の体調がよいのは事実なので、これは本当にありがたいなと感じています。別のブログにも書きましたが、日本は少子高齢化社会がますます進み、私より数年年上の人たちは団塊の世代と呼ばれ、あと10年ぐらいでこの人たちが一斉に75歳に突入します。

 つまりそのころは、街中に老人が溢れ、若い世代の比率が極端に低くなるということが予想されるわけですが、そういう社会で必然的に生じる弊害がいろいろ新聞紙上をにぎわせています。

 一つ目は医師不足。今よりもさらに医師が減り、高齢者が増えるわけですから、これは当然です。ということは、通院で病院に行っても診療をしてもらうまで多大な時間が必要となり、肝心な診療時間は今よりもっと減る可能性があるということです。

 二つ目がベッド不足。何らかの病気が見つかって入院しようと思っても、すでにベッドが高齢者で占められていて、入院できないという事態が訪れそうです。

 三つ目が家族の介護が当てにできない。核家族化や一人暮らし老人が増えていますが、今後その傾向はますます強くなると思われます。つまり自分でがんばるしかない。

 四つ目が介護専任職員の不足。三つ目と同様ですが、若い人がいないわけですから、介護を仕事とする人も減るはず。つまり家族も専門家も誰も世話をしてくれない。

 五つ目。それらを多少緩和する処置として、地方への移住を政府は今後薦めていくようですが、果たしてそれで解決できるのか?私の考えでは、それだったらいっそのこと病気療養を目的とした海外移住も視野に入れたほうがよいのではと思えるようになってきました。

 六つ目。社会保障費が削減され、自己負担が増えるにもかかわらず年金は減額される可能性が高く、生活そのものが厳しくなる高齢者が続出しそう。

 とまあちょっと真面目に考えると不安なことがゾロゾロ出てきます。こういったことに対してどう対処するのか?元気なうちに考えておかないといけないなと思っていますが、月日の流れは意外に早いようにも思え、毎日があれよあれよという間に過ぎ去っていくような気もしています。

関連記事
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。