FC2ブログ
HOME   »  ★最近のニュース  »  第1385回 ノーベル医学生理学賞受賞のニュースを読んで思ったこと

第1385回 ノーベル医学生理学賞受賞のニュースを読んで思ったこと

 今日は朝からノーベル医学生理学賞受賞の話題が一杯。土の中の微生物から抽出した物質が病気を直すということで、まあすごいもんだなと思いながら、新聞を読んだりテレビのニュースを見たり。

 しかし新聞の記述で「へえ~!」と思ったことがいくつか。私が読んでいるのは毎日新聞ですが、朝刊の記事の中に「土壌1gの中には、約1億匹の微生物がいる」と書かれています。

 つまり1gの土の中に日本人の人口に匹敵する微生物がいると言うことで、当然10gなら10億匹、100gなら100億匹となり、世界の人口に匹敵しそうです。

 さらに受賞者の大村さんは、各地で土を採取したと書かれていて、その中で伊東市のゴルフ場周辺の土の中にいた微生物から、新しい抗生物質を作り出したと書かれています。

 そこで思ったのは、いったい何箇所ぐらいから土を採取したのかということ。そしてなぜ伊東市のゴルフ場周辺を選んだのか、ということです。新聞では業績面に焦点があてられ、こういったそれこそ泥臭い疑問には触れていなかったのが残念です。

 しかし改めて思ったことは、土の中に多数の微生物が存在することによって土壌と言う形が形成されていると言うことで、そこには、人にとって有用な微生物や有害な微生物も多数含まれているのだと思います。

 そんな土の中で、私は日々家庭菜園で野菜を育てているわけですが、当然採り立ての野菜には土がいっぱいついています。もちろん食べるときは水洗いをして、この土をきれいにしているつもりですが、1gに1億匹も微生物がいれば、当然微小な土が残っていれば、そこに何万匹もの微生物がいて、それをもしかしたら一緒に食べているかもしれないなと感じました。

 またこういった微生物が生産する(排出する?)様々な物質を今回は医薬品として生産することに成功したわけですが、だとすればそういった物質が畑で育った野菜には付着している可能性があります。

 もちろんこれも人体にとって有用な物質と有害な物質があるのだと思いますが、そういった物質が煮たり茹でたりしたお湯の中に含まれている可能性も大きいです。

 もちろんその量は本当に僅かなものだと思えますが、人間の生理はちょっとしたホルモン分泌によって均衡が保たれているわけですから、時にはそういった物質の影響を受けてしまうのではないかとすら思えます。

 一方人間の免疫系は、良いものをとり込んで活用し、有害なものは分解して排出すると言う機能を持っていますから、いたずらに心配する必要はなく、むしろ免疫系が活発に活動できる環境づくりに役立つのではないかとすら思えます。

 つまりごく普通の土の中で育つ、家庭菜園で取れる作物には、作物本体はもとより、それに付着している微生物や微量物質があり、それらを摂取することによって体が丈夫になるという側面があるのではないかということです。

 逆に言えば、最近話題になっている、無菌の工場で作られる、有害物質をすべて排除したような野菜には、そういった荒々しいパワーが無いと言うことになりそうです。

 個人的な考えですから真偽のほどは不明なので、なんともいえませんが、先日来我が家の家庭菜園では、無骨なニンジンが次々と出来、抜いた瞬間にあたりに漂うニンジン臭さに、「これこそニンジン!」と内心でつぶやいて喜んでいます。
 
関連記事
Comment
Re: ノーベル賞
 ノーベル賞をもらってもきっと研究は続けるのだと思います。より人間にとって素晴らしい細菌を
発見するかもしれませんが、逆に世界のどこかで逆の意味で細菌を開発しようとしている人間が
いるかもしれません。なかなか面倒な話です。

 ここはその地道な努力に対して素直に喜びたいと思っています。
ノーベル賞
土の中の細菌からノーベル賞が出ましたね。
この人の言うとおりで、奥さんと細菌に賞をあげるべきです。
この人は今や億万長者ですからね・・・。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
全記事表示リンク
フリーエリア

このページの内容は
以下のメインサイトで
ジャンル別に
まとめ直しています
「シニアの健康生活あれこれ」


スポンサードリンク




にほんブログ村に 登録しています
にほんブログ村 病気ブログへ


FC2ランキングに 登録しました

最新記事
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
病気・症状
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
病気SNS以外は管理人の個人サイトです
プロフィール

hoku

Author:hoku
 高血圧、痛風の薬を毎日飲み続け、季節によっては喘息やアトピー症状に悩まされながら、健康に気を使っている60代前半のおっさんです。

 一時期、妻の突然の病死による家庭環境の激変と、仕事の重圧で、若干自律神経のバランスが狂ってしまい、体が勝手な反応をしていました(不眠、動悸、イライラ、悪夢、めまい等)

 しかし最近はなんとかその症状を乗り越え、これまで自身が体験してきた病歴と治療状況を詳細に報告しています。どなたかの参考になれば幸いです。

 ちなみに写真は私の大好きなハワイのダイヤモンドヘッドで撮影したものです。